宇宙産業向けDC-DCコンバータの市場規模、2026年に5,200万米ドル到達予測

宇宙産業向けDC-DCコンバータの市場規模は、2021年の3,500万米ドルからCAGR8.3%で成長し、2026年には5,200万米ドルに達すると予測されています。宇宙産業向けDC-DCコンバータ市場は、衛星打ち上げの増加と新しい電源アーキテクチャの登場により成長が見込まれています。さらに、インド、米国、中国などの各国政府による宇宙プログラムへの投資が増加していることも、市場関係者に成長の機会を提供します。

COVID-19の宇宙産業向けDC-DCコンバータ市場への影響

CCOVID-19発生後、宇宙産業は多くの経済的問題に直面し、世界規模でも打撃を受けてきました。民間資金の枯渇、人工衛星の生産ラインの停止、打ち上げスケジュールの延期など、その影響は深刻です。それゆえ、宇宙システムに使用されるDC-DCコンバータなどのコンポーネントの需要が減少しています。さらに、COVID-19によるDC-DCコンバータのサプライチェーンの減速に伴い、多くの企業が生産の停滞に直面することが予想されています。

牽引要因:衛星コンステレーション数の増加

宇宙産業向けDC-DCコンバータ市場を牽引する主な要因は、コンステレーション衛星の数の増加です。2016年には、世界中の誰もがインターネットにアクセスできることを目的とした、世界最大の衛星コンステレーションプログラム、OneWeb Satellite Constellationsが発表されました。このプログラムでは、2019年に、約648個の衛星とスペアの合計約900個の衛星が打ち上げられました。OneWeb Ltd. (英国)は、Airbus Defence and Space社(オランダ)を、同社の衛星群の設計・製造の産業パートナーとして選定しました。最初の10機の衛星は、Airbus社のフランスの施設で製造され、残りの890機の衛星は米国の施設で製造される予定です。このプログラムは、宇宙産業向けDC-DCコンバータ市場の最も重要な推進要因となることが期待されています。

市場機会:宇宙産業向けDC-DCコンバータの小型化

衛星メーカーはコンパクトサイズのパワーコンバータを求めており、コンバータの小型化は、ガルバニ絶縁された出力電力やアナログ回路のノイズ低減を目指す設計者にとってメリットがあります。小型化されたDC-DCコンバータは、出力ノイズが低く、動作温度が上昇するため、スイッチング周波数が高くなり、高効率を実現します。市場関係者は、DC-DCコンバータをより効果的にするために、デバイスサイズの小型化に注力しています。

課題:低ノイズのDC-DCコンバータの開発

システムメーカーにとっての課題の1つは、DC-DCコンバータのノイズを低減することです。DC-DCコンバータは、電力密度が高くなるとスイッチング周波数が高くなり、発熱量の増大とともに、システムノイズが増加します。このノイズの増加は、システム効率の低下につながります。メーカーは、効率を高めるため、ノイズの発生を最小限に抑えたシステムの設計という課題に直面しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]