デジタルバンキングプラットフォームの市場規模、2026年に139億米ドル到達予測

デジタルバンキングプラットフォームの市場規模は、2021年の82億米ドルからCAGR11.3%で成長し、2026年には139億米ドルに達する予測されています。同市場は、銀行における顧客体験の向上を求める声が高まっていることや、金融機関でクラウドベースのソリューションの導入が進んでいることから、人気が高まっています。

COVID-19がデジタルバンキングプラットフォーム市場に与える影響

COVID-19の発生により、リモートワークや社会的な距離を置くことで、デジタルバンキングが巨大な顧客ベースを獲得したため、バンキングコンポーネントの利用が増加しています。北米では、コロナウイルス発生前と比べて35%増の人がオンラインバンキングを利用するようになりました。しかし、デジタル専用の顧客は、支店に依存している顧客に比べて、総合的な満足度が著しく低いのが現状です。欧州の銀行セクターの約20%は、中小規模の銀行で構成されおり、各国当局の直接の監督下にあります。一方、アジア太平洋地域の金融規制当局は、金融機関が代替的なビジネス方法を模索することを積極的に奨励しており、規制技術(レグテック)やデジタル技術の導入を、COVID-19時代のベストプラクティスとして推進しています。

牽引要因:銀行間での、顧客体験の向上への要望

顧客中心のソリューションにより、銀行は充実したサービスを提供し、顧客からの問い合わせに迅速に対応することで、顧客ロイヤルティの向上を図ることができます。銀行は、顧客維持政策の採用と、顧客との効果的なコミュニケーションによる新規顧客の獲得に注力しています。デジタルバンキングプラットフォームのオムニチャネル機能により、銀行は音声、ウェブ、モバイルなどの複数のチャネルでパーソナライズされた会話を促進することができます。これにより、銀行はすべてのタッチポイントで顧客と関わることができます。エンドツーエンドのカスタマージャーニーをモニタリングし、アクティビティを追跡することで、すべての顧客の全体像を把握することができます。デジタルバンキングは、5つのスケールでのパーソナライゼーションを可能にし、金融サービス分野の企業の収益を15%増加させます。消費者は高速で即時性のある取引を求めており、そのためにデジタルバンキングプラットフォームへの信頼が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]