食品保存料の市場規模、2026年に40億米ドル到達予測

食品保存料の市場規模は、2021年の33億米ドルからCAGR4.1%で成長し、2026年には40億米ドルに達すると予測されています。食品保存料は、加工食品の保存性を高めるために広く使用されており、その傾向として、植物や動物由来の天然保存料の使用が増加しています。以前は、効果が高いことから合成保存料が選ばれていましたが、最近では、防腐剤を使用しない食品、天然食品、有機食品などが好まれる傾向があります。また、酵素や培養液などを使用した商品への関心が高まっており、これが天然保存料市場の発展につながっています。

COVID-19の食品保存料市場への影響

パンデミックの期間中、消費者向けの冷凍肉・鶏肉・魚介類の売上は増加しましたが、外食市場の需要は急激に減少し、レストランが閉鎖され、外食ビジネスが縮小しました。食肉の保存料は、微生物の増殖を抑制し、酵素の働きを鈍らせ、脂肪酸の酸化を防ぐことで腐敗を抑制します。冷凍肉、鶏肉、魚介類の小売売上高は、ロックダウン中の2020年初旬に急増しており、これは、消費者が家庭で食事をする機会が増え、生鮮食品の備蓄や冷凍食品を求めるようになったことが主な要因です。

パンデミック時に、消費者が食料品店で持ち帰り用の調理済み食品を求めるようになったことも、食品保存料の需要に大きく貢献しています。メーカーは現在、パンデミック時に拡大したベーカリー業界の新たな需要と生来のニーズを満たすため、植物由来の食品保存料の発売に注力しています。

牽引要因:賞味期限の長い食品に対する需要の増加

労働時間の増加により、消費者のライフスタイルは大きく変わり、その結果、食習慣も変化しており、消費者は便利で保存期間の長い食品を求めるようになりました。そのため、食品・飲料業界では、食品保存料の役割がますます重要になってきています。賞味期限の長い食品への需要の高まりは、食品加工業界にも大きな影響を与えています。保存料による保存効果が実証されたことで、食品の提供方法や価格競争力が向上し、食品の付加価値が高まっています。

健康志向の消費者は、オーガニック製品を求めており、このニーズに応えるため、メーカーは食品製造において天然の保存料の使用に注力しています。そのため、メーカーはローズマリーエキスなどの天然保存料を製造しています。これらの天然保存料は、保存に効果的であるとともに、食品に風味を与えます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]