倉庫用ロボットの市場規模、2026年に91億米ドル到達予測

倉庫用ロボットの市場規模は、2021年の47億米ドルからCAGR14.0%で成長し、2026年には91億米ドルに達すると予測されています。倉庫用ロボットは、輸送、ピッキングと配置、梱包、パレタイズとデパレタイズなど、さまざまな倉庫機能を自動化するために使用され、人の介入の必要性が減ることで、倉庫作業の効率が向上します。電子商取引、自動車、電気・電子、食品・飲料、医薬品など、さまざまな業界で利用されています。

COVID-19の倉庫型ロボット市場への影響

COVID-19パンデミックの発生と蔓延は、サプライチェーンに大きな影響を与え、倉庫や製造施設へのロボット導入を加速させました。2020年は、Eコマース企業、小売業者、食料品店、パッケージハンドリング物流業者にとって重要な年となりました。パンデミックの発生により、以前より着実に増加していた自動化のニーズが加速しました。固定式ロボット市場はパンデミックによりマイナスの影響を受けましたが、移動式ロボット市場はパンデミック後も健全な成長が見込まれています。

パンデミック危機下におけるオンライン流通は、それ以外の小売チャネルのオペレーションがスローダウンしたことで、より高いギアにシフトしました。大手倉庫業者は、社会的な距離を置くガイドラインを維持しながら、より多くの製品を運ぶことが求められており、倉庫自動化の市場機会が広がることが期待されます。

牽引要因:拡大する電子商取引業界

電子商取引業界は、驚異的なスピードで発展しており、E-コマース企業は、オンラインショッピングプラットフォームを通じた需要に対応するために、大量の製品を倉庫に保管しています。そのため、注文を受けてから配送するまでの時間を短縮する、経済性の高い方法を常に模索しています。ロボットシステムは、注文処理を効率的に行うための包括的なソリューションとして、Eコマース企業の間で人気を集めています。企業は、注文された品を迅速に届けるために、倉庫でロボットシステムを使用する機会が多くなっています。倉庫用ロボットは、柔軟な資材の移動、トレーサビリティーを提供し、作業者の安全性を向上させます。Alibaba Group、DHL、Flipkart Indiaなど、Eコマース業界の大手企業は、ロボットを使って倉庫業務の自動化を始めています。英国は、世界で最も成熟したeコマース市場の一つであり、倉庫用ロボットの導入率の高さが際立っています。OcadoやDHLなどの企業は、英国でのロボットシステムの導入に高額の投資を行っています。COVID-19パンデミックの発生により、2019年から2020年にかけて世界のEコマース市場は30%の割合で成長しています。電子商取引業界でのロボット需要の増加は、倉庫ロボット市場の成長を促進することが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]