ドローンサービスの市場規模、2026年に407億米ドル到達予測

ドローンサービスの市場規模は、2021年の139億米ドルからCAGR23.8%で成長し、2026年には407億米ドルに達すると予測されています。2021年のドローンサービス市場では、北米が最大シェアを占めると推定されています。ドローンサービスとは、ソフトウェアで制御された飛行計画をシステムに組み込むことで、遠隔操作や自律飛行が可能なドローンを飛行させる、進化途上にある市場です。商業用ドローンサービスは、農業、保険、建設、海洋、航空、石油・ガス、鉱業、インフラなどの業界で、捜索救助、荷物の配送、工業検査、画像の組み立て、肥料の散布、遠隔地への医療用品の配布、番組の放送などの作業をサポートします。

ドローンサービス市場は、サービスの種類別に、飛行操縦・操作、データ分析、データ処理に細分化されるプラットフォーム、MRO、シミュレーション・トレーニングに分類されます。アプリケーション別には、検査・モニタリング、地図作成・測量、散布・播種、撮影・写真、輸送・配送、セキュリティ・捜索・救助に分類されます。産業別には、建設・インフラ、農業、公益事業、石油・ガス、鉱業、防衛・法執行、メディア・娯楽、科学研究、保険、航空・海洋、医療・社会支援、輸送・物流・倉庫に分類され、これらの業界では、点検・監視、地図作成・測量、撮影・写真撮影など、さまざまなサービスに利用されています。ソリューション別には、エンドツーエンドとポイントソリューションに分類されています。エンドツーエンドソリューションの範囲には、操縦・操作、データ分析、データ処理など、すべてのプラットフォームサービスが含まれます。ポイントソリューションの範囲では、測量、検査、モニタリングなど、操縦やデータ処理に特化して利用されます。さらに、地域別には、北米、欧州、アジア太平洋、中東、その他の地域に分類しています。

ドローンサービスは、人間のオペレーターによる長時間の遠隔操作や、搭載されたコンピューターによる自律的な操作が可能であるため、商業分野における航空測量、映画撮影、捜索救助などのレガシーサービスの用途を急速に置き換えつつあります。ドローンサービスの利用は、その高い耐久性と低い運用コストにより、様々な民間および商業用途で増加しています。さらに、人工知能、IoT、クラウドコンピューティングなどの新技術をドローンサービスに取り入れることで、多くの分野での需要がさらに高まると予想されています。

COVID-19によるドローンサービス市場への影響

COVID-19パンデミック状況下において、ドローンは様々なサービスを提供するための理想的なソリューションであることが証明されています。感染ピーク時の迅速な配達、遠隔地への医薬品や必需品の調剤、アクセスできない場所のスクリーニングなど、ドローンは高い作業効率と生産性を発揮しています。一方、ドローンの普及が進んでいないことで、多くの国がドローン技術の利便性を享受する機会を逃しています。パンデミックの発生と拡大により、ドローンの潜在的なリスクを上回るメリットが周知され、ドローンの需要と利用が増加しています。各国の政府や警察は、社会的な距離を確保しながら、遠隔地での取り締まりを実行するため、ドローンを活用しています。多くの法執行予算は、税収の減少と予算の再配分によって悪影響を受けており、運用上の問題点に取り組むため、組織はドローン技術に目を向け、その実験に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]