電磁波を利用した兵器の市場規模、2026年に12億8200万米ドル到達予測

電磁波を利用した兵器の市場規模は、2021年の5億900万米ドルからCAGR20.3%で成長し、2026年には12億8200万米ドルに達すると予測されています。電磁波兵器市場の成長を促進する主な要因は、一般市民の生活や国の安全保障を守るために、テロリストの攻撃や化学物質、生物物質、放射線物質、核物質を防御する必要性が挙げられます。粒子線兵器、高出力マイクロ波、レールガンなどの電磁兵器は、弾道ミサイル、対衛星兵器、核兵器などの脅威からの攻撃を防御するために使用されています。電磁波兵器ソリューションへの投資が拡大していることから、アジア太平洋地域が市場を支配すると予測されます。

COVID-19の電磁波兵器市場への影響

COVID-19パンデミックにより、システム、サブシステム、コンポーネントなどの電磁波兵器の製造にも影響が及んでいます。電磁波兵器は国家統合のためのものであり、非常に重要なものですが、サプライチェーンの混乱により、当面の間、その製造プロセスは停止しています。製造活動の再開は、COVID-19の感染状況、製造業の操業レベル、輸出入規制などに左右されます。企業は受注していても、配送スケジュールは確定していない可能性があります。

牽引要因:戦闘行為における電磁波兵器の需要増加

高出力マイクロ波兵器の急速な開発や、無人航空機(UAV)の脅威に対処するための電磁波兵器の採用は、先進的な電磁エネルギー技術の1つとなっています。2021年には、これらの兵器が海軍、空挺、移動体、衛星などの軍事プラットフォームに組み込まれることが増えると思われます。ここ数十年、複数の防衛メーカーやインテグレーターが電磁波兵器の研究・開発を行っており、現在、実用化が加速しています。例えば、2021年2月、米国空軍は、Raytheon社の高エネルギー電磁波兵器システムを契約しました。このシステムは、ドローンの脅威に対抗するために設計されたもので、オペレーターのトレーニングと初期性能評価のために、未確認の戦闘指揮所基地に配備されます。

抑制要因:対人用高出力マイクロ波兵器への制限

電磁波兵器は、国際法上、権威ある定義がなされておらず、既存の多国間メカニズムの議題にもなっていません。とはいえ、電磁波兵器に適用されるであろういくつかの法体系は存在します。電磁波兵器の将来像は、国際法の体系、特に武力行使の制限を定めている現体系に課題を残します。電磁波兵器の中には、非致死性または低致死性の兵器に分類されるものがあり、推進派はそれらを致死性の兵器とは区別しています。低エネルギーマイクロ波兵器システムは、対人目的で使用される可能性があるため、防衛上最も議論の多いテーマの一つです。皮膚表面を加熱するマイクロ波兵器の使用は、1995年に国連の決定で禁止されました。(特定通常兵器の使用の禁止又は制限に関する枠組条約(CCW)に付属するマイクロ波兵器に関する議定書(1995年))。これらの要因により、戦争での軍事利用を目的に開発されたEMWシステムは実用化されていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]