航空機エンジンの市場規模、2026年に929億米ドル到達予測

航空機エンジンの市場規模は、2021年の608億米ドルからCAGR8.9%で成長し、2026年には929億米ドルに達すると予測されています。同市場は、商業航空産業の増加や、燃料効率の高い航空機エンジンの需要の高まりなど、さまざまな要因によって牽引されています。

COVID-19の航空機用エンジン市場への影響

航空機エンジン市場には、General Electric Company(米国)、Safran SA(フランス)、Honeywell International Inc(米国)、MTU Aero Engine(ドイツ)、Rolls Royce PLC(英国)などの大手企業が参入しています。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど様々な国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。このパンデミックは各産業界に悪影響を及ぼし、2020年の航空機エンジンの受注・納入も急激に落ち込むことになりました。これは短期的には航空機エンジン市場にマイナスの影響を与えますが、2021年の第1四半期にはゆっくりとした回復が見込まれます。

牽引要因:民間航空機産業における運航の増加

民間航空機産業は、主に旅客機産業と貨物機産業の2つのセグメントで構成されています。近年、この2つの部門では運航数が急増しており、民間航空機業界の活性化につながっています。しかし、COVID-19の予期せぬ蔓延により、世界的な輸送手段である航空機の需要が減少し、業界は低迷しています。

産業界や主要プレーヤーは、より安全で信頼性の高い輸送手段を模索しています。そのため、民間航空機業界では急激な需要の拡大が見受けられます。ボーイング社の2020-2039年商業市場展望によると、航空輸送量の伸びは4%以上になり、アジア太平洋地域で最も高い成長を示すとされています。また、世界の7つの地域で4万3,110の民間航空機の納入が予測されており、アジア太平洋地域で最大となることが考えられます。このことは、将来的に業界の活性化につながり、航空機エンジン市場の成長にも貢献すると考えられます。

市場機会:無人航空機産業

近年、欧州や北米の多くの地域で、無人航空機の運用が増加しています。Honeywell International、Rolls Royce PLC、Safranなどの業界の主要企業は、ドローンを安全で効率的な乗り物にするために、商業目的や軍事目的で、その性能を厳しくテストしています。航空機の運用効率を向上させるための試験運用の増加に伴い、今後、無人航空機用の航空機エンジンが増加することが予想されます。Safranのような企業は、すでにドローンに関連する技術を開発しており、最近では、ドローンのスタートアップであるXSun社のために電気・電力方式を開発しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]