感染監視ソリューションの市場規模、2026年に10億3,300万米ドル到達予測

感染監視ソリューションの市場規模は、2021年の5億800万米ドルからCAGR15.2%で成長し、2026年には10億3,300万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に院内感染(HAI)の発生率の増加や、新しいメディケア政策の影響を受けています。また、医療費の増加、手術件数の増加、高齢者人口の増加、慢性疾患の増加なども、この市場の成長を促す要因となっています。現在、COVID-19感染者の急増に伴い、個人の衛生管理への関心が高まるとともに、感染の拡大を追跡・監視する必要性が生じています。このことが、今後の市場成長を促進すると予想されます。さらに、医療費の増加、政府による強力な支援とイニシアチブ、医療の質と患者の安全性への関心の高まりなどが、世界全体の感染監視ソリューション市場の成長を支えると予想されます。一方で、発展途上国の小規模な医療機関における医療ITソリューションの導入コストが高いことや、医療従事者が先進的な医療ITソリューションの導入に消極的であることが、市場の成長を妨げる要因になると考えられます。

COVID-19が感染監視ソリューション市場に与える影響

Webサイト、ワールドメーターによると、2020年8月24日現在、COVID-19の感染が確認されている患者数は世界全体で2,360万人となっています。これに伴い、医療施設ではベッド、医療従事者、基本的な医療用品が大幅に不足しています。医療機関では、感染監視ソリューション、EHR、テレヘルスプラットフォーム、患者登録などのHCITソリューションを導入して、患者のCOVID-19感染を追跡・監視し、患者の転帰を改善するためのデータを収集することが求められています。COVID-19は、様々な政府機関や組織にデジタル技術やヘルスケアITソリューションの導入を促しています。

牽引要因:院内感染症の発生率の増加

院内感染とは、病院や関連施設での滞在中に発生する、入院時には観察されない感染のことです。世界中で罹患率と死亡率の主要な原因となっています。これらの感染症には、中心静脈ライン関連血流感染症、手術部位感染症、カテーテル関連尿路感染症、院内肺炎、人工呼吸器関連肺炎、クロストリジウム・ディフィシレ感染症などがあります。HAIに関連する最も一般的な細菌は、C. difficile、MRSA、Klebsiella、E. coli、Enterococcus、およびPseudomonas種です。診断や治療の際に感染した医療機器を使用することが、HAIの主な原因となっています。HAIの発生率は、主に患者の免疫状態、感染対策、医療施設における様々な感染症の流行状況に左右されます。その他の要因としては、入院期間の長さ、免疫抑制、高齢、集中治療室での滞在などが挙げられます。このような感染症の約20%はICUで発生しています。病原体の伝播は、医療従事者との直接的な接触や、汚染された環境を介して起こります。病原体は、鼠径部や会陰部、腋窩、体幹などの温かく湿った場所に定着する傾向があります。WHO、医療機関認定合同委員会(JCAHO)、米国疾病予防管理センター(CDC)、米国メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)、米国病院・医療機関認定委員会(National Accreditation Board for Hospitals & Healthcare)など、いくつかの政府や非政府団体がこの問題に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]