害虫駆除の市場規模、2026年に158億米ドル到達予測

害虫駆除の市場規模は、2021年の123億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には158億米ドルに達すると予測されています。また、各国特有の要因が、害虫駆除剤市場の成長に影響をあたえています。

害虫駆除製品は、住宅、商業・非商業施設、家畜、工業部門など、さまざまなエンドユーザーの業界で使用されています。病院、空港、ホテル、商業施設下のオフィス、工場、製造工場などの大規模なエンドユーザーが害虫駆除製品の需要を牽引しています。また、非商業施設、倉庫や輸送施設、公共の景勝地などからの需要も、市場に好影響を与えています。エンドユーザーであるHilton、ITC、General Mills、Nestléなどの企業は、台所などでの害虫駆除サービスを求めています。

COVID-19の害虫駆除市場への影響

害虫駆除製品およびサービスの売上高は、パンデミック時に大きく成長しました。虫害対策製品およびサービスの売上は、北米と欧州を中心に、エンドユーザーの用途から急増しました。北米では、COVID-19パンデミック時に、より健康的な環境を維持するための効果的な方法として害虫駆除を採用しました。他にも、不動産業界で害虫駆除サービスの利用が増加しているという報告もあります。一方、COVID-19の状況下で、害虫駆除剤市場も、サプライチェーンの混乱が見受けられました。

牽引要因:気候変動が昆虫の増殖に与える影響

WHOが発表したPublic Health Significance of Urban Pestによると、気候変動によって飛翔性昆虫の個体数の増加が予測されており、2080年にはハエの個体数が244%増えるとの見解を示しています。Centre for Agriculture and Bioscience Internationalによると、主にインド、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、ネパール、台湾、タイ、ベトナムなどのアジア諸国に生息するアジアタイガーモスキートが、過去10年間で28カ国に広がったと言われています。

抑制要因:関連機関による製品の承認

環境保護分野における厳格な規制要件は、メーカーの生産プロセスや生産環境に適用されます。さらに、これらは、各国それぞれの政策によっても異なります。害虫駆除製品の使用は、各国の保健、環境保護、および害虫駆除機関による登録が必要となります。政府は、殺虫剤の購入、登録、配合、適用、廃棄に関する政策を評価しており、この政策は、害虫駆除製品の需要と価格に多大な影響を与えます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]