肉代替品の市場規模、2027年に40億米ドル到達予測

肉代替品の市場規模は、2021年の19億米ドルからCAGR13.5%で成長し、2027年には40億米ドルに達すると予測されています。健康への関心の高まりと消費者の意識の変化が、肉代替製品の需要を促進しています。植物由来の代替品を取り入れた健康的なライフスタイルは、消費者の間で人気となっており、植物由来の製品に対する理解が深まっています。昨今、肥満や心疾患、糖尿病などの病気の増加により、消費者は自分の健康に非常に敏感になっています。そのため、消費者は食習慣を変え、健康的な食生活を送るようになりました。菜食主義のメリットに対する消費者の認識が高まっていることが、植物由来の肉製品の需要を世界的に押し上げている主な要因です。一方で、培養肉や昆虫タンパク質の市場が拡大していることが、肉代替品市場の成長を妨げる可能性があります。

COVID-19が肉代替品市場に与える影響

食品・飲料業界の多くの企業は、COVID-19が自社事業に与える影響を懸念しています。実際、原材料価格の急落、サプライチェーンのボトルネック、消費の減速、信用市場への不安などの中で、この業界は厳しい状況にあります。大手食品・飲料メーカーの中には、経済的な理由だけでなく、ウイルスの蔓延を抑えるために施設を閉鎖したり、従業員の解雇を検討しているところもあります。例えば、米国の、従業員数人で経営している食品・飲料製造業では、多くの作業が現場で行われており遠隔操作ができないことや、経済活動の鈍化により供給が減少していることから、大打撃を受けています。企業と政府は、消費者と労働者の健康を守ることを最優先にしています。被害の大きかった地域のメーカーでは、長期にわたって工場の閉鎖が必要となる可能性があります。また、社内でのウイルスの蔓延が懸念される企業は、自動化技術を積極的に導入し、事業全体の労働密度を下げることを検討しています。

牽引要因:植物性タンパク質原料への投資の増加

植物性タンパク質の革新は、肉代替製品の開発に良い影響を与えています。メーカーは、植物由来の成分から肉の代替品を製造しており、消費者に広く受け入れられています。European Regional Development Fund(欧州地域開発基金)によると、英国の消費者の22%が、肉以外の材料からタンパク質を摂取していると回答しています。ミレニアル世代やZ世代は、この数字が25%に達しており、英国における代替タンパク質市場の高い成長を示しています。この消費者の嗜好の変化や高い適応性は、肉代替品市場にとってのプラスの要因となり、さらに、原材料メーカーによる投資の増加が、市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]