生分解性プラスチックの市場規模、2026年に233億米ドル到達予測

生分解性プラスチックの市場規模は、2021年の77億米ドルからCAGR24.9%で成長し、2026年には233億米ドルに達すると予測されています。様々なエンドユースセグメントからの生分解性プラスチックの需要の増加、厳しい規制と持続可能性の義務、環境への関心の高まりが、同市場を牽引しています。

COVID-19が生分解性プラスチック市場に与える影響

生分解性プラスチックは、包装、消費財、繊維、農業・園芸など、さまざまな産業で使用されています。しかし、現在進行中のパンデミックにより、世界各国でこれらの産業は影響を受けています。人員不足、物流の制約、材料の入手困難などの制限により、業界の成長が鈍化していました。COVID-19パンデミックが発生し、徐々に拡大しているなかで、必要不可欠な産業への影響が大きくなっています。また、非必需品とされる一部の包装材の需要が大幅に減少しており、一方で電子商取引の出荷のような必要不可欠なパッケージの需要は増加しています。このような変化は、パッケージング企業に新たな課題を突きつけています。

Institute for Supply Management Researchによると、世界各地で発生したサプライチェーンの混乱により、76%の企業が収益目標を平均23%削減しなければなりませんでした。家庭用洗剤や冷凍食品など、消費者の需要が増加している分野がある一方で、食品の販売量が大幅に減少している小売店もあり、この分野の市場感は様々です。企業は、消費者の需要が電子商取引へと変化したことに柔軟に対応しなければなりませんでした。これにより、消費財業界全体がデジタル時代に突入しました。

牽引要因:環境に優しいプラスチックに対する消費者の嗜好の変化

持続可能なプラスチック・ソリューションに対する消費者の意識が向上し、従来型プラスチックの需要が極端に減っていることが、生分解性プラスチックの市場成長に寄与しています。従来使用されてきた石油由来のプラスチックは、分解されるまでに数十年かかり、長期間埋立地に放置されていました。生分解性プラスチックは、廃棄された直後に分解され、自然のシステムに戻って吸収されます。また、生分解性プラスチックの、微生物活動による分解速度は、従来のプラスチックはるかに上回っています。生分解性プラスチックは、分解に約1,000年かかる従来のプラスチックに比べて、180日以内に60%以上が分解されます。埋立て地や廃棄物の増加は、深刻な環境問題として浮上し、動植物の生態系に多くの悪影響を与えています。従来のプラスチックの使用による悪影響への意識の高まりが、生分解性プラスチックの使用を促しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]