断熱ガラス窓の市場規模、2026年に172億米ドル到達予測

断熱ガラス窓の市場規模は、2020年の120億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2026年には172億米ドルに達すると予測されています。断熱ガラス窓は、建物環境内から外部環境への熱や冷気の移動を最小限に抑えることで、建物の熱効率を向上させます。

COVID-19の耐熱ガラス窓市場への影響

2020年に、COVID-19はガラス産業の世界的な操業を混乱させ、一部の企業は厳しい財政的圧迫を受けることになりました。2020年の断熱ガラス製造のサプライチェーンは大きく混乱しました。欧州と北米の断熱ガラス窓の生産工場の大部分は閉鎖され、いくつかの工場が限られた能力で稼働していました。高いエネルギー効率の建造物のトレンドに牽引されてきた同市場は、このパンデミックにより、2020年は、新規および既存のプロジェクト数、現場の生産性、契約額などの建設活動が、2019年と比較して24%減速したと報告されています。しかし、2021年にはこれらの活動の回復が期待されています。

牽引要因:高い省エネ性

建物に断熱ガラス窓を使用することで、エネルギー損失を減らし、エネルギー消費を抑えることができます。これは極めて重要な要件です。ガラスを通して伝わる熱や光は、エネルギーコストに影響するだけでなく、部屋にいる人の快適さに大きく影響します。住宅や商業施設に断熱ガラスを使用することで、消費電力を50%近く削減することが出来ます。これは、電力の最適化に有効な技術です。米国のLEED(Leadership in Energy & Environmental Design)やインドのIGBC Green Ratingsなど、各国では評価システムの導入が進んでおり、断熱ガラス窓市場の成長に寄与すると考えられます。

課題:ガラス製造における高い燃料消費

ガラスの製造工程では、原材料を溶かすために大量の燃料が消費されます。これは、CO2などの有害ガスの排出にもつながります。そのため、新しい製造プロセスを考案し、燃料消費量を削減することが求められています。断熱ガラス窓市場の主要企業であるSaint-Gobain(フランス)や日本板硝子(日本)などの企業は、燃料消費量を削減するための新しい方法を策定しており、生産コストの削減のみならず、多くの炭素クレジット規制への対応にも役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]