自動車用ソレノイドの市場規模、2026年に62億米ドル到達予測

自動車用ソレノイドの市場規模は、2021年の43億米ドルからCAGR7.3%で成長し、2026年には62億米ドルに達すると予測されています。この成長は、自動車の自動化に対する需要の高まりや、世界的な自動車生産台数の増加など、さまざまな要因によって引き起こされています。

COVID-19の自動車用ソレノイド市場への影響

COVID-19発生当初は、エコシステム全体の混乱から、世界中で新車の生産と販売が停止していました。自動車メーカーは、生産を再開するためにロックダウンが解除されるまで待たなければならず、ビジネスに影響が及びました。そのため、自動車メーカーは生産量を調整しなければならなくなり、部品の製造が停止し、小規模なTier II、Tier IIIメーカーは資金繰りの問題に直面しました。自動車産業は資本集約度が高く、事業を継続するためには頻繁な資金調達に依存しています。そのため、パンデミック発生初期の数ヶ月間の生産停止と需要の低下は、EVメーカーに今までにない影響を与えました。

COVID-19のパンデミックにより、多くの国で2ヵ月以上に及ぶ完全なロックダウンが実施され、その結果、自動車の生産にも影響が出ました。世界各地の製造拠点が閉鎖され、自動車販売に大きな打撃を与えました。しかし、大多数の自動車メーカーは、限定的な生産と必要な措置を講じて自動車生産を再開しました。

牽引要因:高度な自動化システムへの需要の高まり

自動化とデジタル化の進展は、自動車産業に革命をもたらしました。以前、自動車メーカーは機械式のアクチュエーターを製造しており、窓の開閉やシートの調整など、手動でしか操作できませんでした。また、高い燃費効率と高度な自動化アプリケーションへの需要の高まりは、電気機械式アクチュエータとして知られるソレノイドの市場を押し上げています。ソレノイドは、トラックや大型車に広く使われており、持ち上げ、傾け、調整、位置決め、格納、取り出し、制御、開閉など、すべての自動化アプリケーションを実行します。

抑制要因:ここ数年の自動車生産台数の減少

2020年の自動車生産台数は、国際自動車工業会(OICA)が発表している2010年の販売台数と同等の16%の減少となりました。欧州では、2020年の平均生産台数が21%以上減少しました。すべての主要生産国で、11%から40%近くの急激な減少が見られました。世界の生産台数に占める欧州の割合は約22%となりました。世界生産台数の20%のシェアを占める北米地域では2020年の生産台数が20%以上減少し、米国の生産台数は19%減少しました。このような世界的な自動車生産台数の減少は、自動車用ソレノイド市場全体にマイナスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]