ビデオ分析の市場規模、2026年に149億米ドル到達予想

ビデオ分析の市場規模は、2021年の59億米ドルからCAGR20.4%で成長し、2026年には149億米ドルに達すると予想されています。市場の成長を促進する主な要因は、公共の安全に対する投資の増加と政府機関の注力、非構造化ビデオ監視データのリアルタイムでの活用と検証の必要性、監視カメラによる犯罪率の大幅な低下、BIと実用的な洞察を活用して業務を行う企業のニーズ、手動によるビデオ分析の限界、インフラの安全強化のための新技術への政府の取り組み、ビデオ監視機器のコスト削減と長期的なROI、強化されたビデオ監視の需要などが挙げられます。

ビデオ分析市場は、多数のグローバルプレイヤーが存在することで成長しています。クラウドサービスやセキュリティインフラの大幅な導入により、BFSI、都市監視、重要インフラ、教育、接客・娯楽、製造、防衛・国境警備、小売、交通管理、輸送・物流など、さまざまな業種の企業だけでなく、中小企業の間でもビデオ分析ソリューションの導入が進んでいます。APAC(アジア太平洋)やMEA(中東・アフリカ)の発展途上国では、ベンダーに多くの機会を提供することが期待されています。COVID-19の影響を受けた最近の経済減速により、代替ビジネスシステムの必要性が強調されています。企業は、クラウドコンピューティングを導入し、従業員の安全とセキュリティを強化するためにビデオ分析ソリューションを活用することが重要になっています。

COVID-19のビデオ分析市場への影響

COVID-19の影響による経済減速は、代替ビジネスシステムの必要性を強調しています。企業は、クラウドコンピューティングを採用し、クラウドのビデオ分析ソリューションに移行することが重要になっています。これにより、企業は短期的には安定したビジネス状態を維持しつつ、長期的には継続的な成長と拡大を目指すことができます。パンデミックにより、人々は一層人命の安全と安心に焦点を当てています。また、深層学習やコンピュータビジョン技術に基づいたAIベースの監視システムによる直感的な技術も出現しています。ビデオ分析ソリューションは、状況認識力の向上、プロアクティブなリアルタイムアラート、BIダッシュボードのスケジューリングなど、さまざまなメリットから、エンドユーザーの業界で活用されています。

推進要因:公共安全への投資と政府機関の注力

公共交通機関は、事故や犯罪に巻き込まれる可能性があるため、政府による重点的な投資が行われています。Axis Communications社の調査によると、30カ国の回答者の97%が車両にセキュリティカメラを設置しています。ベルギーの交通安全・セキュリティに関する知識センターであるVias Instituteと、セキュリティモニタリング分析を専門とするRoom40社は、Scene Analyticsソリューションを使用して、ベルギーの高速道路やその他の公共スペースにおける問題に共同で取り組むことを計画しています。このように、認知度の向上と公共の安全性の高まりが、ビデオ分析市場を牽引すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]