タンパク質特性評価・同定の市場規模、2026年に239億米ドル到達予測

タンパク質特性評価・同定の市場規模は、2021年の126億米ドルからCAGR13.7%で成長し、2026年には239億米ドルに達すると予測されています。タンパク質特性評価・同定市場の成長は、個別化医療の普及、技術の進歩、創薬・開発活動の活発化などが主な要因と考えられます。

COVID-19がタンパク質特性評価・同定市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、世界中の医療システムの負担を増大させています。WHOによると、2021年8月18日時点で、COVID-19の確定症例は2億1482万7769人に達し、うち死亡者は447万7546人でした。死亡者数が最も多かったのはアメリカ大陸で、次いで欧州、東南アジアとなっています。

WHOがCOVID-19の発生を正式にパンデミックと宣言したことで、既存の製薬会社やバイオ製薬会社は、SARS-CoV-2ウイルスに対する検査キット、ワクチン、医薬品の開発・販売に向けた取り組みを拡大しています。研究開発プロセスを迅速化するために、多くの製薬会社やバイオテクノロジー企業は、世界中で長期契約、提携、協力関係を通じてCRO(開発業務受託機関)とチームを組みました。

牽引要因:創薬・薬剤開発のための研究開発費の増加

創薬・薬剤開発の重要性の高まりは、タンパク質特性評価・同定市場にも影響を与えています。タンパク質の分析は、医薬品や生物学的製品の開発において、潜在的な候補を特定するための重要な段階です。そのため、新しい薬物療法が受け入れられるようになったことで、高度な医薬品を発見しようという動きが加速しています。研究開発や支出の増加は、タンパク質特性評価・同定市場に好影響を与えます。EvaluatePharma社のレポートによると、2012年の世界の医薬品研究開発費は1,360億米ドルでしたが、2019年には1,860億米ドルに増加しました。

課題:熟練した専門家の不足

タンパク質特性評価・同定において、サンプル調製は目的の分析物を分離するための重要なステップであり、結果に影響を与える干渉を排除するのに役立ちます。技術の正しい選択やサンプルの前処理に関する知識の欠如は、結果にマイナスの影響を与え、エンドユーザーに直接的および間接的な費用を負わせることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]