EV用接着剤の市場規模、2026年に18億米ドル到達予測

EV用接着剤の市場規模は、2021年の4億米ドルからCAGR44.7%で成長し、2026年には18億米ドルに達すると予測されています。米中貿易戦争、中国の安い人件費などを理由に、エンドユーザーはASEAN諸国に製造拠点を移転・設立することを余儀なくされており、ASEAN諸国における接着剤の需要が増加すると予想されます。

COVID-19によるEV用接着剤市場への影響

COVID-19の発生により、EV用接着剤の需要は、深刻な影響を受けました。2020年初頭には、主要国で供給不足、ロックダウン、生産停止などにより自動車生産に影響がおよび、新車の需要が低迷しました。欧州自動車工業会(ACEA)によると、2020年のCOVID-19による欧州自動車市場の損失総額は、約360万台、1,200億米ドルとなりました。

牽引要因:政府の規制や購入奨励策

先進国の多くの市場では、排ガス規制の強化によりICE車の販売が落ち込んでいます。欧州、中国、米国、インドでは新しい排ガス規制が導入されています。欧州の、自動車メーカーは、2018年9月から施行されたWLTP(Worldwide Harmonized Light Vehicles Test Procedure)の新排出ガス規制への対応に苦慮しています。ICE車両の販売減少により、自動車メーカーはEV技術への投資を強化しています。

2020年の新車登録台数の約90%を占めた世界のトップ20の自動車メーカーのうち、18社がモデルのポートフォリオを広げ、小型電気自動車の生産を急速に拡大する計画を表明しました。また、大型電気自動車のモデル展開も広がっており、大手トラックメーカー4社が将来的にはすべてEVにすることを表明しています。

EV市場の最近10年間の急成長により、2020年末には世界中で1,000万台以上のEVが走ることになりました。パンデミックによる世界的な自動車販売の落ち込みで、自動車販売台数が16%減少したにもかかわらず、2020年のEVの登録台数は41%増加しました。世界全体で販売シェア4.6%に相当する約300万台のEVが販売され、欧州が中国を抜いて初めて世界最大のEV市場となりました。また、電気バス、電気トラックの登録台数も主要国で拡大しており、それぞれ60万台、3万1,000台の世界シェアを獲得しました。

パンデミック以前から、多くの国ではCO2排出量規制やZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)義務化などの主要な政策を強化しており、2020年末までに、20以上の国が従来型自動車の販売を禁止したり、新規販売のすべてをZEVにすることを義務付けたりしています。また、景気の悪化からEVの販売を守るための追加のインセンティブが発表されています。欧州の一部の国では購入奨励金が増額され、中国では補助金制度の段階的廃止が延期されました。さらに、EVモデルの発売数と電池コストの低下が続いており、同市場の成長の促進要因となっています。

抑制要因:EVの初期費用の高さと、充電ステーションの数が限られていること

電気自動車産業の成長を制限する主な要因は、使用されているバッテリーの初期費用の高さです。電池技術は、調達が困難な高価な材料を使って製造するため、コストがかかります。EVの航続距離が十分でなければ、多くのドライバーにとって実用的ではありません。また、充電スタンドの数が限られていることも、EV市場の成長を妨げる要因となっています。EVの台数は増加しているものの、充電スタンドのない場所で立ち往生する恐れがあるため、消費者はEVの採用に消極的です。しかし、EVの普及に伴い充電スタンドの数が増えれば、この懸念は解消されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]