ヘルスケアアナリティクスの市場規模、2026年に751億米ドル到達予測

ヘルスケアアナリティクスの市場規模は、2021年の211億米ドルからCAGR28.9%で成長し、2026年には751億米ドルに達すると予測されています。ヘルスケアアナリティクスとは、統計的、定量的、予測的、比較的、認知的、およびその他の新しい応用分析モデルによって開発された、データおよびビジネスインサイトを効率的に利用する分析です。医療分析ツールは、過去のデータパターンを明らかにして理解し、将来の結果を予測し、実用的な洞察を提供することで、事実に基づく意思決定を促し、医療機関の臨床、財務、運営のパフォーマンスを向上させます。アナリティクスの活用は、医療機関の医療費削減と医療の質の向上に貢献します。

COVID-19によるヘルスケアアナリティクス市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界の人口や経済に大きな影響を与えました。この結果、ヘルスケア産業におけるビッグデータの重要性が高まっています。予測分析や処方分析を用いて、世界各国で広がるCOVID-19感染症の後続の波を推定する予測モデルが開発されています。パンデミック時に発展途上国や先進国でEHRの導入が増加したことは、2020年の市場成長にさらに影響を与えています。オペレーショナルアナリティクスは、パンデミック時の患者データの管理やICU病棟でのCOVID-19ベッドの割り当てに有益であることがわかりました。また、COVID-19患者に対する医療費の払い戻しには、請求管理とリスク評価のアナリティクスが広く利用されました。また、パンデミックの発生に伴い、ヘルスケアアナリティクス市場では様々なイノベーションや開発が行われました。

牽引要因:発展途上国および先進国でのEHR導入の増加

米国では、2009年の米国再生・再投資法(ARRA)やICD-10コードセットの導入など、さまざまな連邦政府の指令により、医療機関がEHRを導入し、ペイフォーパフォーマンスイニシアチブに準拠して医療の質を重視し、さまざまな医療システム間の情報交換を強化することが奨励されています。このような取り組みを行うことで、医療機関は患者データを電子的に収集し、データ統合や慢性疾患の管理をサポートすることができます。これは最終的に、病院への再入院を防ぎ、入院期間を短縮し、請求詐欺や不正行為を最小限に抑え、患者の健康を改善し、医療費を削減することにつながります。

米国では他にも、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)や、患者保護および手頃な価格の医療に関する法律(PPACA)など、いくつかの連邦法が医療機関にデジタル化と医療の質の向上を求めています。米国の病院では、連邦政府の医療義務を遵守する必要性が高まっており、意思決定、医療の質の向上、回避可能なコスト節約のためのデータ分析ツールの使用が推奨されています。米国は医療分析市場への貢献度が高いため、こうした取り組みの実施は、市場全体の成長を示すポジティブな指標と考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]