ヘルスケア・医療向けシミュレーションの市場規模、2026年に34億米ドル到達予測

ヘルスケア・医療向けシミュレーションの市場規模は、2021年の17億米ドルからCAGR15.1%で成長し、2026年には34億米ドルに達すると予測されています。ベンダーは、製品の発売や技術革新などの有機的成長戦略を採用しており、先進的な製品が入手しやすくなっています。

一方で、資金が限られていることや、医療向けシミュレーションの設計が不十分であることが、今後の市場の成長を抑制すると予想されます。

COVID-19ヘルスケア・医療向けシミュレーション市場に与える影響

COVID-19感染症の拡大により、病院では、必要な人的・金銭的資源がCOVID-19感染者のケアに振り向けられ、現場でのトレーニングや学習から遠ざかることになりました。医療向けシミュレーション製品やサービスを提供しているベンダーのサプライチェーンは、各国で実施されたロックダウンにより混乱しました。

一方、COVID-19患者に最適なケアを提供し、医療従事者の安全基準を維持する必要性が高まったため、COVID-19患者に特化したバーチャルトレーニングや医療シミュレーションソリューションの需要が高まりました。これを受けて、CAE Inc(カナダ)、3D Systems(米国)、Intelligent Ultrasound Group Plc(英国)、Laerdal Medical(ノルウェー)などの多くのベンダーが、COVID-19 Ultraound Lung Simulators(COVID-19 超音波肺シミュレーター)などのCOVID-19を模擬したトレーニングモジュールを発表し、エンドユーザーから好評を博しています。

牽引要因:医療トレーニング中の患者へのアクセス制限

医療向けシミュレーションは、人間の特性を再現することから、世界中の医療教育において重要な位置を占めています。患者へのアクセスが制限されていることや、トレーニング中の患者の安全性を維持するために、専門的なトレーニングプログラムや従来の学習へのシミュレーションの採用が普及しています。シミュレーションにより、学生はリスクの高い事象に対する臨床的・批判的思考スキルを磨くことができます。シミュレーションを用いた事前教育は、学生の知識、パフォーマンスに対する自信、看護実践における能力、学習方法に対する満足度を向上させます。各国の軍部組織に見られるように、訓練・教育モデルは進化しています。医療においても、シミュレーションは医療チームのトレーニングを強化するための大きな機会を提供しています。

抑制要因:限られた資金提供

模擬学習環境やシミュレーションプログラムを構築するには、忠実性の高いシミュレーターや仮想環境への投資に向け、多額の資本が必要となります。ほとんどの場合、医療シミュレーショントレーニング施設は政府や民間の資金に大きく依存しています。ここ数年、医療技術の急速な変化、臨床サービスに対する報酬の低下、医療従事者の賃金上昇、連邦政府のGME支給額の削減などを主な要因として、政府や民間機関からの資金提供が減少しています。このため、北米や欧州の先進国では、予想よりも医療シミュレーション市場の成長が鈍っています。 さらに、アジア太平洋やラテンアメリカ地域の発展途上国では、資金の利用が制限されており、今後の市場の成長には一定の制約が予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]