顧客データプラットフォームの市場規模、2026年に153億米ドル到達予測

顧客データプラットフォーム(CDP)の市場規模は、2021年の35億米ドルからCAGR34.6%で成長し、2026年には153億米ドルに達すると予測されています。企業によるマーケティングや広告活動への支出の増加、市場を牽引するカスタマーインテリジェンスの状況変化、顧客チャネルの急増など、さまざまな要因がソリューションやサービスの導入を促進すると予想されます。

COVID-19が顧客データプラットフォーム市場に与える影響

COVID-19は、ビジネスオペレーションのダイナミクスを世界的に変化させました。この発生は、業種を問わずビジネスモデルの弱点に光を当てましたが、ロックダウン期間中にクラウド、AI、アナリティクス、IoT、ブロックチェーンなどのテクノロジーの導入・統合が進んだことで、地域を問わずにデジタル化によるビジネス拡大の機会を提供しました。小売業や製造業は、2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、業績の大幅な悪化に直面しました。しかし、ワクチンの入手が可能になり、パンデミックのコントロールがある程度可能になったことで、顧客データプラットフォームソリューションがさまざまなビジネス機能で注目されるようになり、投資が増加することが予想されます。

推進要因:企業によるマーケティングおよび広告活動への支出の増加

デジタルマーケティングが成熟し、多くの企業が投資するようになると、多くのブランドがリターンの減少を実感するようになりました。CDPは、戦術疲労を克服し、プログラムを次のレベルに引き上げ、メールマーケティング、ペイドメディア、その他のアドレッサブルチャネルの可能性を最大限に発揮させることができます。CDPは、人々が期待するパーソナライズされた体験を提供するために、組織的、技術的な複雑さを伴う、フィードパーソナライゼーションアルゴリズム機能を提供します。業界の専門家によると、CDPは、分析、測定、メディアチャネル、マーケティングオートメーションツールのすべての顧客データをシームレスに統合することで、ライフサイクル全体のカスタマージャーニー分析を実現します。

抑制要因:CDPの導入に不可欠なデータプライバシー法と顧客データの保護

CDPは、複数のチャネルやソースからのファーストパーティの顧客データを組み合わせて、単一の顧客ビューを作成します。一般データ保護規則(GDPR)やその他のデータプライバシー法に基づき、マーケティング担当者は消費者からマーケティングの同意を得る必要があります。顧客データは、サイバー攻撃やブリーチに対して非常に脆弱です。したがって、CDPには、機密性の高い顧客情報の保護や消費者のマーケティング同意など、データの管理に関連する主要な課題を理解することが必要です。CDPのソリューションは、同意ベースのデータモデルに基づいている必要があります。これにより、カスタマージャーニーとマーケティングに対する同意の情報を保存し、顧客のデータがどのように使用されるかについて透明性とコントロールを提供することができます。顧客が自分のデータの使用許可をオプトアウトした場合、CDPはその顧客をダイレクトメールの抑制リストに含め、他のチャネルを通じて不要なマーケティングコンテンツを受け取らないようにする必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]