レクリエーションボートの市場規模、2027年に236億米ドル到達予測

レクリエーションボートの市場規模は、2021年の164億米ドルからCAGR6.2%で成長し、2027年には236億米ドルに達すると予測されています。観光産業の成長や人々の可処分所得の向上などの要因が市場の成長を押し上げています。自律型海洋技術の開発は、レクリエーションボートの需要をさらに高めています。この業界に多数のメーカーが存在することで、世界中のレクリエーションボートの需要に対する安定した供給が保証されています。

COVID-19がレクリエーションボート市場に与える影響

2020年3月から5月にかけて、ロックダウンや中国からの供給途絶により、レクリエーションボート市場はわずかな損失を被りました。2020年5月末までにロックダウンが解除され、物流が整うと、市場は再開され、前年と同様に通常の販売が行われました。しかし、6月頃、米国がレクリエーション用ボートの排気ガス規制を解除すると、パンデミックの際にパーソナルボートが安全な観光手段となったことから、パーソナルウォータークラフトの需要が急激に増加しました。娯楽用ボートの生産量は、2020年の数ヶ月間、月に20〜60%程度の非常に速いペースで増加していました。しかし、2020年9月から10月にかけて、販売は落ち着きを取り戻しました。この業界は主に注文を受けてからボートを提供しているため、レクリエーションボートの生産も需要に応じて行われています。米国では、Covid-19の影響が及んだにもかかわらず、業界は12%の成長を見せ、急速な成長を遂げています。

推進要因:観光産業の成長によるレジャーボートの需要増加

レクリエーションボート市場は、観光産業の増加傾向に伴って大きく成長しています。過去10年間、同市場は観光産業とともに成長する可能性を示しており、特にポンツーン、クルーズ、ウォータースポーツボートなどの販売が好調です。また、パーソナルウォータークラフトや中古ボートの販売も、購入者に価値ある休暇を提供し、季節ごとのリースが可能なことから、増加傾向にあります。2021年2月に欧州外務省が発表した報告書によると、観光産業の成長に伴い、小型の海や川のクルーズは中小の事業者にとって魅力的なものになっています。一方、大型クルーズは大手のツアーオペレーターが利用しており、パーティーなどの季節的な需要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]