脱酸素剤の市場規模、2026年に29億米ドル到達予測

脱酸素剤の市場規模は、2021年の22億米ドルからCAGR5.5%で成長し、2026年には29億米ドルに達すると予測されています。加工食品分野での脱酸素剤の需要拡大が市場を牽引しています。さらに、非衛生的で不適切な包装による食品廃棄物の削減に対する意識の高まりも、市場を牽引しています。 また、食品・飲料、電力、石油・ガス、化学、紙パルプなどの産業で使用される水の需要の増加や、APAC(アジア太平洋)、中東・アフリカ、南米などの新興国での都市化の進展も市場を牽引しています。

COVID-19が脱酸素剤市場に与える影響

脱酸素剤は、食品・飲料、電力、石油・ガス、製薬、紙パルプ、化学などの分野で、機器やパイプラインなどにダメージを与える可能性のある酸素を除去する水処理や、食品や医薬品の包装などの用途に使用されます。パンデミックの状況下で、食品・飲料、繊維、紙パルプ、電力などの分野が影響を受け、2020年の水セクターの成長が鈍化しました。業界は、サプライチェーンの混乱、需要パターンの変化、その他の緊急措置に対処しなければなりませんでした。水の大口ユーザーの多くは、操業停止や活動の縮小により、必要とされる水量を削減し、収入や設備投資に減少が見られました。回復力を高めるための長期的な設備投資計画、職場での適切な衛生状態の維持、政府の財政支援、より良いサプライチェーン計画、適切なコミュニケーション、産業活動の再開などの対策により、短期的には収益が増加し、成長が安定すると予想されます。

牽引要因:新鮮な包装食品への需要

脱酸素剤は、密封された包装材の内部に存在する酸素を吸収します。一般的に包装時には、腐敗、カビの発生、変色、栄養価や品質の低下などを防ぐために使用されます。これらの捕捉剤は、食品本来の品質を維持し、製品の保存期間を延長します。脱酸素剤は、好気性病原菌や食品腐敗菌の繁殖、多価不飽和油脂の劣化や腐敗、ビタミンA、C、Eの酸化を防ぎ、果物や一部の野菜の非酵素的な褐変を遅らせます。また、脱酸素剤を使用することで、製品をより健康的に維持することができます。これらの要因が、同市場の成長を牽引しています。

抑制要因:脱酸素剤の不揮発性

脱酸素剤は、産業分野において高価なボイラー設備の腐食を抑制する効果があり、水処理用の脱酸素剤としては、亜硫酸塩や重亜硫酸塩が最も広く使用されています。しかし、これらの脱酸素剤は不揮発性であるため、蒸気と一緒にボイラーの外に出ることはありません。さらに、これらの脱酸素剤は溶存固形物を添加するため、水の導電性に影響を与えます。ボイラー水の化学的性質を適切に保つためには、ブローダウンによってこの不純物をシステムから取り除く必要があります。これが、脱酸素剤市場の成長を制限する要因の一つになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]