マシンビジョンの市場規模、2026年に155億米ドル到達予測

マシンビジョンの市場規模は、2021年の110億米ドルからCAGR7.0%で成長し、2026年には155億米ドルに達すると予測されています。COVID-19以降、メーカーはこれまで以上に製造における自動化の重要性を認識しています。しかし、各国のロックダウンにより、企業は深刻なキャッシュフローの問題に直面しており、マシンビジョン導入に関連する新規プロジェクトを延期しています。

Covid-19のマシンビジョン市場への影響

COVID-19により、世界は健康面のみならず、経済面でもパンデミックの影響を目の当たりにしています。多くの企業が製造工場を閉鎖し、事業のほとんどを停止しています。このような危機的状況の中で、企業の目的は、安全な方法での製造の継続、および持続可能な収入源の確保など、ビジネスを維持することになります。

牽引要因:品質検査と自動化へのニーズの高まり

COVID-19終息後には、世界中の製造企業が自動化への投資を拡大することが予測されます。また、製造プロセス上の重要性から、自動化された品質保証への需要が高まっています。COVID-19の発生により、様々なプロセスにおいて人の介入が少なくなったことで、この需要はさらに高まっています。その結果、長期的な自動化開発プロセスに不可欠な要素として、マシンビジョンが広く受け入れられるようになりました。生産プロセスにマシンビジョンを使用することで、短時間で問題を特定することができ、コストの削減とレスポンスタイムの改善につながります。また、欠陥商品を認識は、返品リスクを減らし、顧客満足度を高めることができます。マシンビジョンによって、生産ライン上のすべての製品が平等に、同じ焦点で検査されることになります。フォーブス誌によると、機械学習を利用して品質検査を自動化することで、欠陥の検出率を最大90%まで高めることができると言われています。

ビジョンガイデッドロボティクスシステムの需要拡大

近年、マシンビジョン市場に大きな変化をもたらしているのが、ビジョンガイデッドロボティクスシステムです。自動車や家電製品の分野では、自動化のために産業用ロボットを使用するケースが急増しています。これに伴い、マシンビジョンシステムとビジョンガイデッドロボットコントローラの統合の必要性が高まっています。例えば、1つの生産ラインで異なるモデルの自動車を組み立てる場合、ビジョンガイデッドロボットシステムは、与えられた状況を識別し、自動車の適切な組み立てを保証することができます。また、ロボットが接着剤を塗布する際には、マシンビジョンシステムによって隙間ない塗布が可能になります。ビジョンガイデッドロボットは、保護フェンスなしでも衝突を避けることができるので、人間と並んで作業することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]