酢酸セルロースの市場規模、2026年に63億米ドル到達予測

酢酸セルロースの市場規模は、2021年の50億米ドルからCAGR4.7%で成長し、2026年には63億米ドル達成すると予測されています。酢酸セルロース市場は、COVID-19の影響で2020年には減少するものの、関連産業のロックダウン解除後には、需要の回復が期待されています。

COVID-19が酢酸セルロース市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、2020年の酢酸セルロース市場には、APAC(アジア太平洋)と欧州地域を中心とした全世界に悪影響が及びました。このウイルスのさらなる拡大を防ぐため、企業は事業や製造施設を閉鎖し、政府は建設活動を制限しています。これにより、酢酸セルロースの消費量がさらに減少しています。

COVID-19や許認可手続きの長期化などの既存の規制問題により、最終用途産業の生産が滞り、酢酸セルロースの需要が減少しています。一方で、COVID-19の影響を最初に受けた中国では、繊維・アパレル、タバコ、その他の産業は製造活動を再開しており、各種産業の回復とともに、2021年の酢酸セルロース市場の回復が予想されます。

成長する繊維・アパレル業界での需要増

ファッション業界のトレンドの変化は、酢酸セルロース市場を成長させる大きな要因です。セルロースアセテートは、快適性や吸収性に優れ、様々な色に簡単に染色できるため、繊維用途に適していると考えられています。そのため、消費者の嗜好の変化に伴う衣料品分野での需要の増加が、繊維・アパレル産業の堅調な成長の要因となっています。

各種産業における生分解性プラスチックとしての応用

環境にやさしく、生分解性があり、費用対効果が高く、汎用性の高い酢酸セルロースの需要が高まっていることも、市場の成長を後押しすると考えられます。天然のプラスチックとして使用される酢酸セルロースは、強い耐久性、光沢、質感、高い透明性などの特性により、今後も成長すると予測されています。例えば、Celanese社は2020年11月に酢酸セルロースの製品ラインであるBlueridgeを発表しました。この製品は、生分解性を持ち、裏庭などでの堆肥化が可能で、ストローのような製品に使用することができます。

新興市場における需要の高まり

アジア太平洋、中東、アフリカ、南米などの新興市場における需要の増加は、酢酸セルロース市場の成長を促進すると予想されます。同地域では、たばこフィルター、繊維・アパレル、その他の用途の増加に伴う急速な工業化により、酢酸セルロースの需要を独占しており、その成長は、インドと中国を中心とした発展途上国に起因しています。Direct China Chamber of Commerceによると、中国の繊維・衣料品産業は、今後数年間で世界の繊維・衣料品輸出の40%以上を生産すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]