核医学の市場規模、2026年に75億米ドル到達予測

核医学の市場規模は、2021年の48億米ドルからCAGR9.0%で成長し、2026年には75億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、がんや心疾患の発生率や有病率の増加、Mo-99の需要と供給のギャップを軽減するための取り組みなどによるものです。しかし、放射性医薬品は半減期が短いため、潜在的な採用率は低く、病院の予算削減や機器の価格高騰が市場の成長を一定程度制限すると予想されます。

COVID-19 の核医学市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中の放射線科の臨床業務に大きな変化をもたらしました。臨床的な準備活動と並行して、学術医療センターや大学では、社会的な距離を最大限にとり、研究スタッフや接触する可能性のある人々への感染拡大を最小限に抑えるため、科学研究活動が停止されました。

牽引要因:対象疾患の発生率および有病率の増加

癌や心血管疾患(CVD)の発生率と有病率の上昇は、市場成長を支える重要な要因です。ほとんどの場合、早期発見・早期治療によって重症化を防ぐことができ、核医学はこれらの分野で重要な役割を果たしています。WHOによると、2020年の死亡原因の第1位はがんで、約1,000万人の死亡者を出しています。2025年には年間1,930万人の新規がん患者が報告されると予想されます。一方、世界では2019年に1,790万人がCVDで死亡しており、世界の死亡者全体の32%を占めています。この数字は、2030年には2,330万人に達すると予想されています。核医学は病気の診断と治療に重要な役割を果たしており、これらの病気の有病率の上昇が、核医学市場の成長を促進すると考えられます。

抑制要因:放射性医薬品の短い半減期

放射性医薬品の有効期限は、主に放射性同位元素の半減期と放射性核種の含有量に依存します。例えば、PET検査におけるF-18の放射能は110分以内に使用しないと減少し、C-11の放射能は20分以内に減少します。SPECT診断では、Tc-99mの放射能は6時間後に減少し、I-123とIn-111の同位体はそれぞれ13時間と67時間以内に利用する必要があります。放射性同位元素を所定の保存期間内に使用しないと、放射線や化学分解が起こり、放射線化学的純度が許容できないほど低下するため、診断や治療の際に致命的な問題となる可能性があります。

市場機会:放射性医薬品の神経学的用途への利用

核医学は主にCVDや癌の診断に使用されています。これらの市場が飽和状態であることから、多くの企業や関係者が放射性医薬品の用途全般の拡大に注力しています。神経学分野など、放射性医薬品の応用分野の拡大に伴い、今後数年間で放射性医薬品の需要と摂取量が増加することが予想されます。このことは、企業が提供する製品や市場シェアを拡大する機会となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]