メタデータ管理ツールの市場規模、2026年に151億米ドルに到達予測

メタデータ管理ツールの市場規模は、2021年の63億米ドルからCAGR19.0%で成長し、2026年には151億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長を促進する主な要因は、データの一元管理の重要性の高まり、データセキュリティにおけるメタデータ管理の重要性の高まり、データの高品質化と信頼性の高いアナリティクスのニーズの高まりが挙げられます。

COVID-19のメタデータ管理ツール市場への影響

COVID-19パンデミックは、テクノロジー分野のすべての要素に中程度の影響を与えています。IT業界では、ハードウェアビジネスが最も影響を受けると予測されます。ハードウェアの供給が減速し、製造能力が低下したことにより、ITインフラの成長が鈍化しました。また、ソリューションやサービスを提供するビジネスも短期間で減速すると予想されています。しかし、コラボレーティブアプリケーション、アナリティクス、セキュリティソリューション、AIの導入は、今後増加すると考えられます。製造業、小売業、エネルギー・公益事業などの分野では緩やかな減速が見られますが、BFSI、政府、ヘルスケア・ライフサイエンスなどの分野では影響が最小限にとどまると考えられます。さらに、回復に伴い、世界のICT(情報通信技術)支出は2020年から2021年にかけて約3.5%~4.5%増加すると予測されています。COVID-19の影響は、最低でも8~12ヶ月間はビジネス全体に大きな影響を与える可能性があります。

牽引要因:一元化されたデータ管理の重要性の高まり

企業は膨大な量の構造化データや非構造化データを生成しており、データ分析ソリューションの統合が求められています。一元化されたデータ管理は、変化に対応したり、損失を抑えたりすることで、企業の総余剰利益に貢献します。組織内のデータ集中化の度合いは、組織のパフォーマンスやイノベーションに影響を与えます。データの一元管理という概念は、競争市場において企業にとって必要不可欠な可能性をもたらします。メタデータ管理ツールは、企業のデータセットを扱う上で、より大きな俊敏性をもたらし、効率、スピード、説明責任、一貫性を高めます。また、データ管理を一元化することで、BI用データセットへのアクセスと利用が向上します。一元化されたデータリポジトリは、企業のデータガバナンスとサポートを提供する信頼できるデータ管理サービスを維持します。このように、構造化データおよび非構造化データの集中管理の利点が、メタデータ管理ツール市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]