バイオインピーダンスアナライザーの市場規模、2026年に7億6,700万米ドル到達予測

バイオインピーダンスアナライザーの市場規模は、2021年の4億2,900万米ドルからCAGR10.2%で成長し、2026年には7億6,700万米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、肥満などの生活習慣病の有病率の増加、健康的なライフスタイルに対する意識の高まり、フィットネスクラブや減量クリニック、スポーツリハビリテーションセンター数の増加などが要因となっています。

COVID-19がバイオインピーダンスアナライザー市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、バイオインピーダンスアナライザー市場にプラスの影響を与えると予想されます。WHOは、ヨーロッパでの死者の95%以上が60歳以上の患者で発生し、全世界の死者の50%以上が80歳以上の高齢者であったことを確認しています。さらに、10人に8人の死亡者が、CVD、高血圧、糖尿病など少なくとも1つの合併症を持っていたと報告されています。

COVID-19は、筋肉量の減少と食欲の減退を引き起こし、その結果、栄養失調になります。肥満の人は、すでに筋肉量が非常に少ないため、注意する必要があります。欧州臨床栄養・代謝学会(ESPEN)は、COVID-19患者の栄養管理に関する実践的なガイダンスの中で、筋肉量の重要性を強調しています。入院中はもちろん、退院後も体組成や筋肉量を評価することは、患者の保護、改善状況の管理および把握のためにも非常に重要です。

牽引要因:生活習慣病の蔓延

座りっぱなしの職場環境、ジャンクフードの摂取、移動の自動化などの不健康なライフスタイルは、肥満、高血圧、糖尿病などの様々な生活習慣病の有病率を高めています。CDCによると、肥満の人の有病率は、2000年の30.5%から2019年には42.4%に増加しています。肥満は今や全世界的疫病と考えられており、2030年には全成人の約57.8%が肥満に分類されると言われています。また、先進国だけでなく、低・中所得国でも肥満が流行しており、アフリカでは、2019年の小児肥満の有病率が2000年から約24%増加しています。バイオインピーダンスアナライザーは、人体の脂肪、筋肉、骨の量を正確に測定することができます。

市場機会:アジア太平洋とラテンアメリカの新興市場

インド、中国、ブラジルなどの新興国は、バイオインピーダンスアナライザー装置市場で高い成長が見込まれています。これは、生活習慣病の増加、健康や肥満に対する意識の高まり、インフラの整備などが要因と考えられています。中国は、近年のインフラ整備、急速な経済成長、内需の拡大、官民一体となった医療研究の支援などにより、成長が顕著な市場となっています。中国の国務院は、2016-2020年国家体力計画を承認し、国民全員のフィットネスレベルを動機付け、スポーツ参加者を増加させました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]