ラマン分光法の市場規模、2026年に8億6,100万米ドル到達予測

ラマン分光法の市場規模は、2021年の6億200万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2026年には8億6,100万米ドルに達すると予測されています。ラマン分光法市場の成長は、ヘルスケア分野における医薬品開発への注目度の高まりや、臨床アプリケーションにおける採用の増加などに牽引されています。

COVID-19によるラマン分光法市場への影響

COVID-19の感染拡大は、2020年のラマン分光法市場にマイナスの影響を与え、その出荷量と収益が減少しました。その結果、2020年前半の市場の成長に陰りが見られ、この傾向は、2021年の第1四半期まで続きました。2021年第2四半期または第3四半期には、ラマン分光器の生産量が増加し、製薬、ライフサイエンス、材料科学などのアプリケーションからの需要が増加することが予想されます。

牽引要因:ヘルスケア分野における医薬品開発への注力

ラマン分光法が提供する分析技術は、創薬・開発のさまざまな段階で導入が進んでいます。これには、化学物質の同定、分子生物学的研究と診断、プレフォーミュレーション、固形製剤のスクリーニング、バイオ分析、薬剤開発の後期におけるフォーミュレーション分析、プロセス分析、品質管理、原材料の適格性、偽造品の識別などが含まれます。プレフォーミュレーション研究は、医薬品開発プロセスの重要な構成要素であり、このプロセスは、前臨床試験や臨床試験のための製剤開発をサポートするために、潜在的な医薬品の物理化学的特性を理解するために行われます。

医薬品開発の重要なステップの一つに固形剤スクリーニングがありますが、これは可能な限り早い段階で潜在的な医薬品の最適な固形剤を特定する目的で実施されます。これにより、医薬品開発の後期段階での複雑さを軽減することができます。固形物の格子振動は、それぞれの固形物に固有の特徴的なラマンスペクトルとなります。このため、ラマン分光法は医薬品業界において重要な手段となっています。さらに、多形変化、無水物-水和物転移などの相変化の理解や、共結晶形成のメカニズムの特定にも広く利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]