シングルセル解析の市場規模、2026年に63億米ドル到達予測

シングルセル解析の市場規模は、2021年の31億米ドルからCAGR15.1%で成長し、2026年には63億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、シングルセル解析製品の技術的進歩に加えて、製薬・バイオテクノロジー業界における研究開発の活発化、個別化医療への注目の高まり、幹細胞研究の成長、がんの有病率の上昇などが主な要因となっています。一方、シングルセル解析製品の高コストが、同市場の成長を制限しています。

COVID-19のシングルセル解析市場への影響

COVID-19パンデミックの経済的・社会的負担を受けて、世界各国の政府機関はワクチン開発・製造への支援を強化しており、COVID-19研究のためのシングルセル解析製品の採用が増加しています。疾患の進行過程における宿主の免疫反応をより深く理解することで、予後や診断のためのマーカーをより適切に考案し、重度の疾患に罹患した患者に適切な治療介入を設計することが急務となっています。シングルセル解析は、免疫細胞を1細胞単位で理解するための情報を提供し、細胞が免疫防御や病因に果たす役割を理解することで、ワクチンや免疫療法の開発につながります。

牽引要因:増加する癌の罹患率

シングルセル解析の最も重要な応用分野の1つは、がんのゲノミクスです。GLOBOCANによると、2020年にはがん患者数が1,930万人、がん死亡者数が1,000万人だったのが、2040年には約3,000万人に増加すると言われています。罹患率の増加に伴い、診断や治療のための広範な研究が必要となっており、シングルセル解析はその重要な部分を占めています。個々の細胞を分析することで、病気の正しい診断や治療効果のモニタリングが可能になります。シングルセル解析は、ヘルパーT細胞の列挙、DNA含有量の決定、乳がんやその他の悪性腫瘍における腫瘍細胞の増殖のモニタリングなどに役立ちます。

抑制要因:シングルセル解析機器のコスト高

シングルセル解析の研究には、高品質で高価な製品を使用することで、品質を維持し、規制当局が定めるガイドラインを遵守するため、コストが高額になります。しかし、研究機関や大学の研究所では、予算の都合上、このような高価な機器を購入することは困難です。メンテナンス費用やその他の間接的な費用もかかるため、最終的に機器の総所有コストがいよいよ高くなります。この点が、フローサイトメーターやマイクロ流体デバイスの臨床・研究用途への導入を制限することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]