ライトフィールドの市場規模、2026年に1億5,400万米ドル到達予測

ライトフィールドの市場規模は、2021年の7,600万米ドルからCAGR15.1%で成長し、2026年には1億5,400万米ドルに達すると予測されています。映画やゲームにおける視覚効果技術の向上、カスタマイズされたマーケティング、プロトタイピングや医療画像へのニーズの高まりなどが、ライトフィールド市場の成長を促進する要因となっています。

COVID-19のライトフィールド市場への影響

2020年、COVID-19はライトフィールド市場にマイナスの影響を与え、出荷量とそこから得られる収益が減少しました。その結果、2020年前半には市場の成長トレンドに落ち込みが見られました。年の後半になると、メディア&エンターテインメントの垂直軸からの需要の増加が見込まれ、この傾向は解消されることが予想されます。

COVID-19パンデミックは、ライトフィールド市場のバリューチェーンに大きな影響を与えています。パンデミックの影響を受けている米国、中国、日本は、世界のライトフィールド製造業の中で大きなシェアを占めています。医療、産業、建築分野では、世界的な景気後退の影響を受け、需要の低迷が短期的に続くと考えられます。

牽引要因:映画やゲームにおける視覚効果技術の向上

VR企業やハリウッドスタジオは、映画や次世代コンテンツでライトフィールド技術を必要としています。エンターテインメント業界では、アニメーションやコンピュータグラフィックスの助けを借りて視覚的に強調されたイメージを作成する、視覚効果と呼ばれるVFXが急速に導入されています。アニメーターやゲーム開発者、映画製作者がVFXを好むのは、技術的に実写環境では撮影できないものを、仮想世界やアニメーションソフトウェアでシミュレーションするためです。このような場合、3Dアニメーションソフトやツールは、リアルなシーンを表現するために重要な役割を果たします。VFXでは、主にカメラマッピングという手法を用いて視覚効果を表現します。現在では、3Dアニメーションソフトが重要な役割を果たしており、静止画を撮影し、様々な3Dアニメーションツールを使って加工しています。また、VFX技術の普及率は急速に高まっており、アニメーターや視覚効果アーティストには新たな仕事の機会が与えられています。3Dマッピングやモデリングソフトウェアツールは、モバイルアプリケーションやゲームに3Dアニメーションを実装する際に重要な役割を果たします。3Dアニメーションは、よりインタラクティブでリアル、かつユーザーフレンドリーなインターフェースをユーザーに提供し、この技術を使用したゲームやその他のモバイルアプリケーションの認知度を高めます。また、スマートデバイスの普及に伴い、3D対応の高度なモバイルゲームやアプリケーションの需要が高まっています。これらのアプリケーションは、商業ユーザーに優れたユーザー体験を提供します。ソニーのプレイステーション、マイクロソフトのXbox、任天堂などのゲームプラットフォームでは、3Dアニメーションやモーションキャプチャー技術を活用して、ユーザーの動きをデジタルで再現できるゲーム環境を構築しています。これらの要因は、主にエンターテインメント業界での3Dアニメーション技術の使用を促進し、ライトフィールド市場全体に成長をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]