ポリメタクリル酸メチルの市場規模、2026年に56億米ドル到達予測

PMMA(ポリメタクリル酸メチル)の市場規模は、2021年の42億米ドルからCAGR5.7%で成長し、2026年には56億米ドルに達すると予測されています。PMMAは、透明な熱可塑性樹脂で、耐衝撃性に優れたガラスの代替品です。耐久性が高く、耐薬品性や耐衝撃性に優れているという利点があります。また、軽量で剛性が高く、色の多様性もあり、自動車、電子機器、建築、サイン&ディスプレイ、衛生陶器、照明器具など様々な用途に使用されています。PMMAには、光学グレードと汎用グレードの2つのグレードがあります。光学グレードは、高輝度・高純度グレードであり、画面を明るくきれいに見せることができるため、ライトガイドパネル(導光板)の材料として使用されます。汎用グレードは、最も一般的なグレードで、自動車、建築・建設、看板・ディスプレイ、家庭用、照明器具、家具などに使用されています。

PMMAは、汎用性、リサイクル性、持続可能性、耐久性に優れた素材であることから、さまざまな産業用途で注目されています。その優れた特性と、グリーンディールなど、欧州政府の政策の変化により、PMMA市場は高い成長が見込まれています。

COVID-19パンデミックによるPMMA市場への影響

COVID-19パンデミックは、製造業の操業停止、サプライチェーンの混乱、工業製品の需要減など、市場に多大な影響を与えています。一方、医療・ヘルスケア用品の需要が高まったことで、PMMA市場の成長を支えています。また、ライフスタイルの変化や労働者の在宅勤務への移行により、電子製品の需要が高まっています。人々はパニック状態から、衛生用品を購入しており、この事が同市場の成長を牽引しています。

牽引要因: EVの普及率の高まり

PMMAは、自動車用途では、テールランプ、フロントガラス、サイドウィンドウ、インストルメントパネル、ヘッドランプおよびリアランプ、エクステリアランプのレンズ、メーターパネル、サンバイザー、カースカルプチャー、テールランプカバー、スピードメーターカバー、シグナルランプなど、車体部品やアクセサリーに利用されています。また、バスや電車の内装ガラスとしても使用されています。PMMAは、従来のポリマーや他の素材と比べて高性能な特性を持つため、電気自動車にも使用されており、政府のEV支援政策が、同市場の成長を後押ししています。COVID-19パンデミックの際、欧州では、グリーン回復基金の下で提供されるインセンティブにより、EVの販売台数が137%増加しました。売上高でも、欧州は中国を上回っており、今後も大幅な成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]