アレルギー診断の市場規模、2026年に82億米ドル到達予測

アレルギー診断の市場規模は、2021年の48億米ドルからCAGR11.1%で成長し、2026年には82億米ドルに達すると予測されています。これは、アレルギー疾患の発生率の高さとそれに伴う経済的負担の大きさ、環境汚染レベルの上昇、組織によるアレルギー診断への資金提供の増加、医療保険へのアクセスの増加などに起因しています。

COVID-19によるアレルギー診断市場への影響

アレルギー診断市場は、COVIDの発生により限界的に減少しました。アレルギー疾患の多くは、潜在的な環境要因の回避や急性症状の治療について、十分な指導を受けていることから、診断が延期されていました。しかし、パンデミックが収束すると同時に、病院では診断を再開しています。

さらに、世界レベルでロックダウンが実施されたことで、大気汚染レベルの低下が観察されました。大気汚染の主な原因は、発電、工業、交通、家庭でのエネルギー消費です。COVID-19対策として、封じ込めを中心とした政府によるロックダウンにより、各国で移動に関連した経済活動がほぼ完全に停止しました。これには、超境および学校や企業の閉鎖が含まれており、市民の移動が制限されました。

トルコで実施された調査によると、COVID-19の発生期間中、アレルギー専門医は、喘息と鼻炎について遠隔医療の利用を希望ましたが、アナフィラキシーや遺伝性血管性浮腫など、より重篤なアレルギー疾患については、対面での診察が行われました。同様の傾向は、イタリアや米国など他の国でも見られました。また、オーストラリアでは、外来での対面診察はリウマチ性疾患の急患に限定され、外来予約の80%近くを遠隔診療に移行しました。このことは、多くの診断および治療サービスを制限し、アレルギー診断市場の成長を制限しました。

牽引要因:環境汚染レベルの上昇

屋内外の大気汚染物質、アレルゲン、職務上の暴露は、慢性呼吸器疾患を引き起こす主なリスク要因となっています。都市部では、自動車による汚染や産業活動の結果、環境汚染物質への曝露が多いため、アレルギー疾患の有病率は農村部に住む人口よりも高くなっています。

WHOによると、都市部に住む80%以上の人々がWHOの安全基準を超える大気質レベルにさらされおり、低所得国の都市部ではその影響がより深刻です。これは、自動車による大気汚染がアレルギー疾患のリスク要因と指摘されていることによります。

疫学的・毒物学的研究により、大気汚染と喘息、アレルギー性鼻炎、その他のアレルギー疾患の発生率増加との因果関係が明らかにされています。また、PM2.5、二酸化窒素、オゾンの濃度が上昇した都市部では、喘息の発症や悪化が著しく増加するという研究結果もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]