屋内位置情報の市場規模、2026年に197億米ドル到達予測

屋内位置情報の市場規模は、2021年の70億米ドルからCAGR22.9%で成長し、2026年には197億米ドルに達すると予測されています。ビーコンやBLEタグを搭載したアプリケーションの増加、カメラやLED照明、POSデバイス、デジタルサイネージなどへのビーコンの搭載の増加、スマートフォンやコネクテッドデバイス、位置情報アプリの顧客への普及、屋内環境におけるGPS技術の非効率性など、さまざまな要因が屋内位置情報市場の採用を後押ししています。

COVID-19パンデミックが屋内位置情報市場に与える影響

COVID-19状況下において、企業は屋内位置情報ソリューションやハードウェアを活用して、施設管理、ウイルス追跡、人の追跡・管理、スマート検疫などを行っています。政府や民間企業は、市民の外出を制限し、屋内位置情報ソリューションを採用した位置の追跡を行っています。例えば、Inpixonは、医療機関やその他の組織に対し、位置情報技術を用いたアプリケーションやサービスを、追加費用なし、あるいは割引価格で提供しています。ウイルスの拡散を抑えることを目的とした、検疫などの強制措置が解除されると、事業再開への圧力が高まり、感染者が職場に立ち入ることで、その他の従業員への感染、人命の危険、企業の再検疫のリスクが高まることになります。このことから、スマート検疫ソリューションの導入拡大が予測されます。

牽引要因:スマートフォン、コネクテッドデバイスおよび位置情報アプリケーションの普及

スマートフォンの普及率が高まり、消費者のモバイル利用が増える中、新興や既存の企業は、ユーザーを惹きつける屋内位置情報アプリケーションの提供方法を模索しています。屋内位置情報技術の導入により、小売業者は、あらゆる場所への適切なナビゲーションを提供できるようになりました。屋内位置情報ソリューションは、屋内スペースにいる顧客との関係性を向上させ、売上を増やす良い機会となります。BLEやWi-Fiなどの技術の普及により、ユーザーは一定の範囲内で人の位置を特定することができます。航空会社や空港は、ビーコンを利用することで、ジオフェンシング技術を用いて空港内にいるユーザーを自動検知し、ユーザーがどの階にいるかを知ることができます。情報を送信する前に乗客がどこにいるかを知ることで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]