エッジAIハードウェアの市場規模、2026年に20億8,000万台到達予測

エッジAIハードウェアの市場規模は、2021年の9億2,000万台からCAGR17.7%で成長し、2026年には20億8,000万台に達すると予測されています。市場成長の主な要因としては、エッジデバイスでの低遅延・リアルタイム処理に対する需要の高まり、エッジコンピューティング用AIコプロセッサの登場、データの保存・運用コストの削減、クラウド上の企業ワークロードの増加、インテリジェントアプリケーションの急増などが挙げられます。

COVID-19のエッジAIハードウェア市場への影響

COVID-19パンデミックの影響により、世界各国のあらゆる産業が影響を受けています。パンデミックのリスクを軽減するために、リモートワーク機能、リモートでの資産維持・監視、プラントオートメーション、遠隔医療などの十分な対策が講じられています。ヘルスケア分野では、COVID-19の影響に対抗するためにエッジAIハードウェアの可能性が認識し始められたことで、ポジティブな影響が見られました。これにより、バリューチェーン全体でビジネスを安全かつセキュアに保つための資金調達や研究が活発化しています。同市場は、パンデミック中は成長が鈍化するものの、パンデミック終息後には各分野での導入率が高まり回復することが予想されます。世界中の企業は、デジタルインフラが必要不可欠なインフラであることから、通常の事業活動を継続するためにデジタルインフラを利用しています。医療、公共部門、教育などの分野では、これまでにない速さでデジタル化が進められています。いくつかのクラウドやエッジ企業は、COVID-19の影響を軽減するために、第一線の労働者に計算サービスを無料で提供しています。

牽引要因:エッジデバイスでの低遅延・リアルタイム処理に対する需要の高まり

エッジAIでは、機械学習アルゴリズムがデバイスで生成されたデータを使用し、デバイス内でデータを処理します。これにより、レイテンシーが削減され、リアルタイムで自動化された意思決定が可能になります。迅速なデータ処理を必要とするアプリケーションでは、エッジAIによってデータ生成、学習、推論などのリアルタイム処理がメリットになります。自律走行車(AV)は、衝突の可能性を感知してから、ステアリングやブレーキに関する調整を行うまでの時間が非常に短く、IoTデバイスから収集された大量のデータは、クラウド経由でデバイスに戻って送信されるため、対応が遅れることがあります。デバイス上のAIは、データの共有を減らし、迅速な対応を可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]