歯科用ダイヤモンドバーの市場規模、2026年に1億9,100万米ドル到達予測

歯科用ダイヤモンドバーの市場規模は、2021年の1億3,000万米ドルからCAGR8.0%で成長し、2026年には1億9,100万米ドルに達すると予測されています。歯科用ダイヤモンドバー市場の成長は、主に歯科疾患の増加、審美歯科に対する需要の高まり、新興国でのデンタルツーリズムの増加、ライフスタイルの変化、不健康な食習慣、発展途上国の可処分所得の増加などに起因します。

COVID-19の歯科用ダイヤモンドバー市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、歯科医療業界に大きな影響を与えており、長期的な影響の度合いや深刻さを把握することは困難です。2020年8月時点のデータでは、COVID-19の発生により、米国では約19万8,000の活動中の歯科医院や診療所が閉鎖され、歯科医療サービスの提供に支障が生じました。アイルランド歯科医師会によると、約75%の歯科医師が、パンデミック流行中に70%以上の経済的損失を目の当たりにしています。COVID-19の原因となるウイルスは、感染した患者の鼻咽頭分泌液や唾液中に存在し、呼吸器系の飛沫、さらにエアロゾルやフォムライトを介して広がると考えられているため、歯科医療従事者はCOVID-19に感染するリスクが最も高いと言えます。そのため、パンデミックの初期には、歯科医療サービスは緊急・急患に限られていました。その後、2020年の第3四半期と第4四半期に、歯科医療機関の治療が再開されました。

牽引要因:ライフスタイルの変化と不健康な食習慣

ライフスタイルの変化、不健康な食習慣、高糖分の食品や炭酸飲料の摂取量の増加は、口腔衛生の急激な低下を招き、歯の問題の発生率を増加させます。世界保健機関(WHO)のGlobal Burden of Disease Study(2017年)によると、口腔疾患は全世界で35億人に影響を与えており、約23億人の成人と5億3千万人の子どもが虫歯に苦しんでいます。これは、歯科治療の取り込みと歯科機器の需要の増加を示唆しています。歯科機器は、診断、歯の除去、矯正、修復、その他の歯科治療や処置に利用されます。

歯科有病率の増加要因

チョコレート、甘いクッキー、ケーキ、アイスクリーム、ドーナツなど、高糖質食品の消費により、口腔内の細菌は増殖し、甘い飲み物は歯茎や歯に糖分のコーティングを残し、歯の健康を弱めることになります。また、タバコ関連製品の摂取により口腔内の健康に及ぼす悪影響には、変色、口臭、歯の着色、口腔粘膜疾患、喫煙者口蓋、喫煙者メラノーシス、カンジダ症の増加、虫歯、悪性病変などがあり、生命を脅かす口腔がんにつながる可能性もあります。歯茎の病気は、出血、腫れ、慢性的な口臭、口腔内の頑固な細菌による冷たいものや熱いものへの過敏症などは、口腔内の健康状態を悪くする大きな要因となります。さらに、口腔内にピアスを開ける人が増えており、その結果、感染率が高くなっています。口腔内ピアスは若年層に多く見られ、舌が最も一般的な部位とされています。出血、歯の欠損、裂傷や瘢痕、口蓋紅斑、腫れ、歯肉退縮、ピアスをした部位からの異常な分泌物など、多くのリスクがあり、歯科疾患の可能性を高めています。

抑制要因:歯科用ダイヤモンドバーの使用頻度の変化

審美性の向上、補綴物の修復、耐欠損性、軟組織の健康のためには、適切な治療が不可欠です。歯科用ダイヤモンドバーは、様々な用途に使用できるよう、形状やサイズ、異なる機能で製造されています。超硬合金やステンレス鋼などは、他の材質に比べて、切削効率や寿命が優れています。歯科用ダイヤモンドバーの切断・切削効率は、複数回使用すると明らかに低下します。この減少は、最初の使用時に最も大きくなることが分かっています。このように消耗したバーは,歯の治療の際に過剰な圧力をかける必要があり,そのために不必要な熱の発生や時間の浪費を引き起こす可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]