建設・解体廃棄物の市場規模、2026年に344億米ドル到達予測

建設・解体廃棄物の市場規模は、2021年の266億米ドルからCAGR5.3%で成長し、2026年には344億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、世界各国で建設活動が活発化し、政府が持続可能性を重視していることが主な要因です。また、商業施設の建設プロジェクトにおいても、リサイクル可能な建設資材の需要が高まっていることも、同市場を牽引しています。

COVID-19の建設・解体廃棄物市場への影響

建設・解体廃棄物市場のサプライヤーには、Waste Management(米国)、SUEZ(仏)、Veolia(仏)、Republic Services(米)、Clean Harbors Inc. (米国)などがあります。これらのサプライヤーは、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他の地域に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。世界の建設・解体廃棄物市場は、COVID-19のパンデミックの影響で、多くの国の建設・解体プロジェクトが停止していることで、2020年から2021年にかけて成長率が低下すると予想されています。これらの要因により、建設・解体廃棄物市場のサプライチェーンに混乱が生じ、多くのサービス提供企業の操業が停止しています。

牽引要因:建設・解体廃棄物に関連する政策

建設・解体に関する廃棄物は、欧州連合で毎年発生する廃棄物の中でも、最も重要視されているものの一つです。建設・解体廃棄物は年間約8億5,000万トン、EUで発生する廃棄物全体の約25〜30%を占めており、アスベスト、レンガ、コンクリート、ガラス、石膏、金属、プラスチック、木材など様々な素材を含み、その多くはリサイクルや再利用が可能です。しかし、建設・解体廃棄物のほとんどが、処理されずに埋立地に投棄され、環境に悪影響を及ぼしていました。これに対する規制や政策により、建設・解体廃棄物の半分以上をリサイクル・再利用することが義務づけられるようになりました。この廃棄物政策や埋立法は、建設・解体廃棄物のスマートな回収・管理のための革新的な方法を推進する役割を果たしています。さらに、建設・解体廃棄物を処理するための効果的な製品、サービス、ソリューションを提供するサービスプロバイダーの出現と存在が促進されています。廃棄物事業者は、回収業務、中継所、埋立地、リサイクル施設、廃棄物発電所などの資産を垂直統合することで、効率性と事業利益率を高めることができます。収益性、キャッシュフロー、資本利益率を向上させるため、廃棄物事業の統合が進められています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]