廃水処理サービスの市場規模、2026年に716億米ドル到達予測

廃水処理サービスの市場規模は、2021年の530億米ドルからCAGR6.2%で成長し、2026年には716億米ドルに達すると予測されています。人口の増加、製造業の拡大、都市化、規制強化などが廃水処理サービス市場の成長の主な要因です。また、製造業や国家機関による廃棄物削減に向けた取り組みや、新しい水処理技術に対する意識の高まりなども、同市場を後押しする要因となっています。

COVID-19が廃水処理サービス市場に与える影響

COVID-19の発生により、世界中の政府は、このウィルスの拡大を防ぐためにロックダウンを実施しており、水処理や廃水処理を含む幅広い製造業やサービス業に影響を与えています。COVID-19は、2020年の第1四半期から第2四半期にかけて、産業用途での廃水処理サービス市場に影響を与えています。これは、ロックダウン規制により産業が停止し、生産が行われなかったため、廃水の生産量が減少したことによるものです。

牽引要因:環境規制の強化

多くの国では、水域の汚染や違法な廃水を無くすよう、厳格な基準が設けられています。大気汚染で深刻な影響を受けた中国などでは、排水による有害な影響から環境を守るため、特別な法律が施行されています。一方、アメリカなどの先進国では、飲料水、廃水についての厳しい法律が定められており、廃水処理が厳格に行われています。このような基準が国際的に設けられているということは、地球温暖化の防止や生物多様性の保護が、厳しく行なわれていることを示しています。不適切な廃水は、工場のコンプライアンス違反となる可能性があります。

抑制要因:廃水処理技術の高コスト

廃水は、一次、二次、三次と3段階で計画的に処理されます。廃水処理には特定の技術や専門知識が必要であり、そのプロセスは資本集約的です。例えば、ラテンアメリカ開発銀行(CAF)は、2010年から2030年の間に、下水道インフラに800億米ドル、廃水処理に330億米ドルが費やされると試算しています。廃水処理全般のコストを増加させる要素としては、廃水の流量、水質、必要な純度、建設資材などが挙げられます。廃水処理システムのコストは、処理される廃水の化学組成と含有量に左右されます。そのため、存在する物質の種類と濃度、および排水の組成のばらつきを徹底的に理解することが重要です。一般的に、汚染物質の数が多ければ多いほど、水処理プロセスに必要なステップの数も多くなり、初期費用も高くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]