大気環境モニタリングシステムの市場規模、2026年に59億米ドル到達予測

大気環境モニタリングシステムの市場規模は、2021年の44億米ドルからCAGR6.5%で成長し、2026年には59億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、主に、大気汚染レベルの上昇、効果的な大気汚染の監視と制御のための政府規制の支援、環境に優しい産業の開発に向けた継続的な取り組みなどに起因しています。さらに、効果的な大気汚染モニタリングのための官民ファンドの増加や、大気汚染の環境や医療への影響に関する一般市民の意識の高まりも市場の成長を支えています。

COVID-19の大気環境モニタリングシステム市場への影響

COVID-19の発生は、大気環境モニタリングシステム市場を含む多くの産業に影響を与えています。パンデミックが経済や購買力に多大な影響を与え、サプライチェーンが寸断されたことで、地域ごとの大気環境モニタリングシステムの需要に大きな差が生じています。パンデミックは、すべての国やコミュニティの生活を破壊し、2020年の世界経済成長に悪影響を及ぼしました。2020年の世界の経済成長は、推定で年率換算-3.4%から-7.6%まで低下しました。その後、2021年には4.2%から5.6%の回復が予測されています。また、世界の貿易も2020年に5.3%減少したと推定されています。これに加えて、各国政府によるロックダウンが実施されたことで、バリューチェーンに悪影響が及びました。多くの企業が製造設備を一時的に停止しなければならず、移動制限や販売活動の低下により、供給や流通網も妨げられました。

パンデミックの影響で、Thermo Fisher社(米国)、Emerson社(米国)、Siemens AG社(ドイツ)など大気環境モニタリングシステム市場の大手企業は、FY2020の売上を大幅に減少させました。しかし、政府が徐々にロックダウン規制を解除していくことで、経済は再び好転していくことが予想されます。将来的市場機会を得るために、多くの企業が研究開発や製品のイノベーションに費用を投じています。

牽引要因:環境保護と国民の意識向上のための公的取り組み

政府や非政府組織、民間企業は、啓蒙活動やプログラムを通じて大気汚染を削減するために、多くの取り組みを行っています。このようなプログラムや取り組みは、一般の人々の意識向上に役立つだけでなく、世界が直面している大気汚染の現状と将来の脅威に国際機関の注意を向けさせるという重要な役割を果たしています。多くの政府機関や非政府機関が、大気汚染が生物の健康や環境に与える壊滅的な影響について、国内および国際社会の注意を喚起するために継続的に活動しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]