サーバーレスにおけるセキュリティの市場規模、2026年に51億米ドル到達予測

サーバーレスにおけるセキュリティの市場規模は、2021年の14億米ドルからCAGR29.9%で成長し、2026年には51億米ドルに達すると予測されています。サーバーレスのセキュリティ市場を促進する主な要因としては、サーバーレスアーキテクチャにおいて、イベントインジェクション、認証の破たん、安全でない配備設定、機能の権限や役割の過剰付与、不十分なロギングと監視、DoS、不適切な例外処理、脆弱性管理など、いくつかのセキュリティリスクが発生しやすい点が挙げられます。さらに、クラウドベースのアプリケーションの導入の増加、サーバーレスアーキテクチャ、IoTアプリケーションの出現は、サーバーレスにおけるセキュリティ市場のベンダーの潜在的な機会となっています。

COVID 19のサーバーレスのセキュリティ市場への影響

リモートワークやコラボレーションの出現により、クラウドコンピューティングは企業の力強い味方として登場しました。COVID-19の状況は、クラウドソリューションの需要を急増させる要素として機能しています。パンデミック以前は、多くの企業が、クラウド上の機密データの移動はリスクを伴うと考えていました。AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)、Alibaba Cloudとのパートナーシップにより、企業はハイブリッドIT環境でBYODやモビリティを採用し、重要なデータをより速いペースでクラウド上に移行しています。しかし、クラウド利用の拡大は、セキュリティ上の課題ももたらします。クラウド環境への需要が高まる中、クラウドセキュリティサービスやソリューションには成長のチャンスがあります。新しいデバイスの導入に伴い、在宅勤務中にクラウド環境を維持するためのセキュリティやアクセスのパターンやプロセスは、データ侵害のリスクを高めています。リモートワーカーの増加により、セキュリティツールの利用が急増しています。

牽引要因:ブロックチェーン技術の登場

COVID-19パンデミックは、世界中のサプライチェーンに大きな混乱をもたらしました。これは、安全性や衛生面の懸念から多数の工場が閉鎖されたことと、PPEキットや医療用品などの特定の製品に対する需要が急増したことの2つの要因が大きく影響しています。ユーザーは、これらの製品の需要の増加に伴い、出所や品質が不明な供給品を利用する状況に追い込まれました。長大なサプライチェーンは、供給プロセス全体の計画性に課題を残します。ブロックチェーンは、透明性を維持しながら、すべての関係者を1つのサプライチェーンネットワークのユニバーサルソースに接続することができ、データのサイロを安全に打破することができる、最適な選択肢となります。そのため、サプライチェーンプロセスには膨大な数のブロックチェーンアレンジメントが存在し、パンデミックの状況下ではそれが加速しました。ブロックチェーンは、第三者による委任や、取り扱いや処理作業における遅延を排除することで、検証手順を加速させることが出来、取扱・処理時間の短縮、コストの削減、運用リスクの低減、関係者全員の決済の迅速化などの利点が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]