各種加工に特化した、産業用ベンディングマシンの市場規模、2026年に18億米ドル到達予測

各種加工に特化した、産業用ベンディングマシンの市場規模は、2021年の11億米ドルからCAGR11.0%で成長し、2026年には18億米ドルに達すると予測されています。同市場成長の要因としては、データセンターにおける高セキュリティの産業用ベンディングマシンのニーズの高まり、産業用・安全用消耗品のポイントオブユース在庫管理・追跡ソリューションの利用の増加、産業用ベンディングマシンへのIoTやクラウドインフラの統合などが挙げられます。

COVID-19の産業用ベンディングマシン市場への影響

産業用ベンディングマシン市場には、主要なTier IIおよびTier IIIサプライヤーであるAutoCrib (米国)、Fastenal Company (米国)、Airgas (米国)、BRAMMER(ノルウェー)、SupplyPoint(英国)、SupplyPro (米国), securastock, llc. (米国)、CribMaster(ジョージア州)、IVM (米国)、Silkron(マレーシア)などがあります。これらのサプライヤーは、北米、欧州、APAC(アジア太平洋)、およびその他の国に製造施設を持っています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えています。

牽引要因:産業用ベンディングマシンとIoTおよびクラウドインフラの統合

産業用ベンディングマシン市場は、先端技術の出現により大きな推進力を得ています。RFIDタグやクラウドインフラを産業用ベンディングマシンに統合し、多言語表示システムを提供することで、今後数年間、市場に成長機会をもたらすと予想されます。例えば、IVM.は、RFIDタグを使用して各取引を記録するSaveLogソフトウェアと統合された産業用ベンディングマシンを提供しており、在庫を満たすための多言語表示とアラートを提供しています。ベンディングマシンはスタッフの手を煩わせることなく、あらゆる種類の商品を供給することができます。また、消費電力が少なく費用対効果に優れていることから、中小規模の製造施設での導入が進んでいるほか、さまざまな業界の企業が管理在庫の削減に注力していることからも、今後の販売拡大が期待されています。

市場の主要な企業は、競争で優位に立つために、ベンディングマシンに先進的な機能を搭載することに注力しています。各社は、顧客基盤に対応するために先進的な製品を導入しており、企業間の競争が激化することで、将来的な市場の見通しが良くなる可能性があります。テクノロジーは時代とともに大きく進化しており、各業界での新しいユースケースが模索されています。

主要なトレンドは、モノのインターネット(IoT)です。モノとは、コンピューターが組み込まれ、インターネットに接続されたデバイスのことです。これらのデバイスは、企業に貴重なモニタリング、制御、最適化、自律性を提供します。IoTの対象となるデバイスの数は、指数関数的に増加しています。企業は長年にわたり、スマートディスペンサー技術とインターネットベースのソフトウェアを提供してきました。従業員は、従業員バッジや生体認証などで本人確認を行い、必要なオーバーヘッドデータを提供した上で、在庫や資産、その他の識別可能な保管アイテムへのアクセスを許可されます。このデータは、企業のウェブサービスを介して、クライアントのERPやMRPなどのアプリケーションに取り込まれます。ウェブサービスは、ソフトウェアアプリケーション間のシームレスな双方向のデータ交換を可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]