掘削作業における水圧破砕法の市場規模、2026年に502億米ドル到達予測

COVID-19が水圧破砕法市場に与える影響

COVID-19パンデミックの影響は、企業や政府がウイルスの拡散を抑えるために取った行動も含めて、石油やガスの需要を大幅に減少させる結果となりました。2020年以降、多くの国がパンデミックの影響を受けており、各国政府は全国的なロックダウンを指示しています。その結果、輸送や関連する活動が大幅に減少し、石油・ガスの需要に影響を与えました。国際エネルギー機関(IEA)の報告書によると、地政学的な出来事によって世界市場の原油の低価格化が進み、パンデミックの発生も相まって需要が減少し、2020年3月には原油価格が暴落しました。これらの事象から、石油や天然ガス、さらには水圧破砕サービスや製品の需要は悪影響を受け、原油価格の変動をもたらしました。

牽引要因:世界的に増加するシェール層の探査・生産活動

シェール層は不透水性が高く、抽出プロセスが困難で、石油生産を最適化するために、高い介入プロセスを必要とします。そのため、シェールオイルやガスを抽出するために、水平掘削や水圧破砕の活動が行われます。シェールオイルの埋蔵量の大部分は、米国が支配する北米と、欧州およびアジアの一部が占めます。米国エネルギー情報局(EIA)によると、2020年1月には、7つの主要なシェール層からの米国の石油生産量が約2万9,000バレル/日(bpd)増加し、シェールオイルの生産量は914万バレル/日となりました。ノースダコタ盆地、モンタナ州のバッケン層、パーミアン盆地からのシェールオイルやガスの生産量が増加しています。シェール開発が活発化していることで、米国はシェールブームを引き起こし、サウジアラビアやロシアを抑えて世界最大の産油国となっています。

抑制要因:水圧破砕に伴う大量の水の使用と環境への配慮

水圧破砕液は99.5%が水で構成されており、近くの川や湖、または工場の廃水処理場から集められます。水の入手可能性は、水圧破砕作業のパフォーマンスに重要な役割を果たします。しかし、破砕作業に使用される水には、微量ながらも様々な破砕用化学物質が混入しており、廃棄されたり、水域に混入したりすると水質汚染の原因となります。水の汚染もまた、水圧破砕の各段階で解決しなければならない問題です。水圧破砕の水サイクルの各段階で、企業は坑井の健全性が維持され、流体の漏れがないことを確認しなければなりません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]