電磁波対策に不可欠なEMIシールドの市場規模、2026年に77億米ドル到達予測

EMIシールドの市場規模は、2021年の62億米ドルからCAGR4.4%で成長し、2026年には77億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、家庭用電化製品の需要急増、電磁波汚染の増加、5G技術の実現性を示すフィールドテストやパイロットテストの実施などが主な要因となっています。

COVID-19パンデミックに端を発したサプライチェーンを混乱は、企業活動に支障をきたし、さまざまな産業に影響を与えています。多くの企業が製造活動を停止あるいは最小限にまで減らす中、各国政府が実施したロックダウンや社会的距離を置くなどの対策により、製造工場が閉鎖されました。家電や自動車業界では製品の需要が減少しており、これらの業界で使用されるだろうEMIシールド市場にも影響が及んでいます。

牽引要因:家庭用電化製品の需要の高まり

コンピューター、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコンなどの家電製品は、コミュニケーション、エンターテインメント、公務など、さまざまな目的で一般の人々に広く利用されています。音声支援パーソナルインフォテイメントシステム、自動車への電子機器の導入の増加、スマートフォン利用者の増加、AIの影響、5G携帯電話ネットワークの導入予定などの要因が、世界の家電製品の成長を大きく支えています。さらに、COVID-19の流行により、社会人は在宅勤務、学生は在宅学習が当たり前になりつつあり、このような傾向が、今後数年間の家電製品の需要拡大を支えていくと考えられます。

家電製品はEMIシールドの採用を促進します。コンピューター、携帯電話、ナビゲーションシステムなどの電子機器が普及するにつれ、EMIシールドはますます重要な要因となっています。EMIシールドの必要性は、電源電圧の変動、クロック周波数の上昇、スルーレートの高速化、パッケージの高密度化などによるエミッション発生の可能性が高いことや、機器の小型化、軽量化、低コスト化、低消費電力化の要求が高いことなどの要因により、さらに高まっています。これに伴い、EMIシールドソリューションやそのプロバイダーに有利ないくつかの指令や規制が登場しています。品質の高いEMI対策は、機械の信頼性確保に大きく貢献し、電気システムや機械のメーカーにとって有益な条件となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]