アスタキサンチンの市場規模、2026年には9億6,500万米ドル到達予測

アスタキサンチンの市場規模は、2021年の6億4700万米ドルからCAGR8.3%で成長し、2026年には9億6,500万米ドルに達すると予測されています。消費者の意識向上に伴い、バランスのとれた食生活や空腹感を満たしながらも健康に役立つ食品が好まれるようになり、機能性食品や栄養強化食品の市場が拡大しています。さらに、多忙なライフスタイルから、自宅での食事の準備に費やしていた時間を節約するために、外出先で飲食できる便利な製品の需要が高まっています。このように、機能性食品市場の拡大は、アスタキサンチン市場にも新たなアプリケーションの機会をもたらしています。

COVID-19がアスタキサンチン市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、消費者間で、安全で健康的、かつ栄養価の高い食生活が注目されていることから、アスタキサンチン市場にも影響を与えることが予想されます。アスタキサンチン市場の主要企業は、地域ごとに生産・研究開発・販売部門を設置し始めており、原材料の流通におけるサプライチェーンの最適化が進められています。アスタキサンチンメーカーは、嗜好の変化に伴う機能性食品の需要増に対処するための努力を重ねています。COVID-19による貿易障壁、原料供給の混乱、非効率な流通経路などは、原料価格の上昇を招き、原料不足や製造コストの高騰は、今後のアスタキサンチン市場の成長にとっての課題になります。

牽引要因:飼料産業の急速な工業化

水産養殖や動物飼料産業は、動物の栄養価を高めるために飼料添加物に大きく依存しています。アスタキサンチンは、動物飼料に栄養価と色素を加えます。動物の健康を重視するエンドユーザー産業による、家禽や水産養殖ビジネスの工業化がアスタキサンチンの市場を牽引しています。漁業や養殖業の生産量が大幅に増加したことで、栄養価の高い多様な食品の消費が増加しました。また、魚など養殖による生産物を摂取することの健康上のメリットから、世界的に水産物の消費が増加しています。

抑制要因:天然アスタキサンチンの製造コストの高さ

アスタキサンチンは、天然でも合成でも作ることができます。合成アスタキサンチンは、石油製品からさまざまな化学物質を調合して作られており、市場では比較的安い価格で入手できます。一方、天然のアスタキサンチンは、様々なバクテリア、菌類、酵母、海洋動物、藻類などを用いた発酵・抽出過程を経て作られます。この天然アスタキサンチンの製造は容易ではなく、合成品よりも高コストになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]