デジタル油田の市場規模は、2026年に320億米ドル到達予測

デジタル油田の市場規模は、2021年の243億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2026年には320億米ドルに達すると予測されています。 デジタル油田市場を牽引する主な要因としては、石油・ガス産業における新たな技術の進歩および投資収益率の向上、成熟した井戸の最大限の生産継続へのニーズの高まりなどが挙げられます。

COVID-19のデジタル油田市場への影響

デジタル油田市場は、COVID-19の発生により、2020年には落ち込むことが予想されます。この世界的感染により、多数の産業の成長が鈍化しています。このパンデミックの影響は、企業や政府がウイルスの拡散を抑えるために取った行動も含めて、石油やガスの需要を大幅に減少させています。2020年の各国政府によるロックダウンの結果、輸送や関連する活動が大幅に減少し、石油・ガスの需要に影響を与えました。国際エネルギー機関(IEA)の報告書によると、地政学的な出来事による原油価格の低迷に、パンデミックでの需要減少が相まって、2020年3月に原油価格が暴落しました。さらに、石油・天然ガスの需要や坑井介入サービス・製品の需要に悪影響が波及し、原油価格の大幅な変動を引き起こしています。

推進要因:石油・ガス産業における投資収益率の向上

デジタル油田は、企業が限られたリソースを活用するためのテクノロジー中心のコンセプトです。石油・ガス産業のスマートフィールドにおける統合オペレーションは、オペレーション技術(OT)と情報技術(IT)を統合し、意思決定プロセスを改善し、オペレーションパフォーマンスを向上させることで、ROIを向上させます。また、ダウンタイムや総所有コスト(TCO)を削減し、オペレーションの生産性を向上させます。

各国の石油・ガス業界では、コスト削減効果を倍増させるために、主にデジタル技術への投資を加速させる準備を進めています。同様に、企業はその投資を集中的に精査し、バレルあたりのコストをスリム化し回収率を上げ、非生産的な時間を減らしてリターンを増やすためのソリューションを探しています。例えば、2018年、GEとNoble Corporation plcはパートナーシップを結び、世界初のデジタル掘削船を発表しました。この船は、対象となる機器全体で20.0%の運用費削減を達成し、掘削効率を向上させることを目標としています。これは、海洋掘削作業におけるデジタルソリューションの可能性を引き出すための具体的な一歩となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]