建設用潤滑油の市場規模、2026年に65億米ドル到達予測

建設用潤滑油の市場規模は、2021年の56億米ドルからCAGR3.0%で成長し、2026年には65億米ドルに達すると予測されています。建設用潤滑油は、可動部品や表面間の摩擦を低減し、建設業界で機械の効率を高めるために使用される潤滑油の一種です。

 潤滑油は、ブルドーザー、ダンプトラック、ドラグライン、スクレーパーおよびショベル、その他の重機械を含む様々な建設機械に使用されます。アジア太平洋地域や中東・アフリカ地域における建設業界の高い成長率と、自動化の進展が、建設用潤滑油市場の成長を促進しています。しかし、技術の進歩により、建設業界における機器のサイズや潤滑油の消費量が減少していることが、市場の成長を制限しています。建設用潤滑油市場は、ベースオイル(合成油、鉱物油)、タイプ(油圧作動油、エンジンオイル、ギアオイル、コンプレッサーオイル、オートマチックトランスミッションフルード、グリース、その他)、機器の種類(土木、マテリアルハンドリング、重建設車両)に基づいて分類されています。

COVID-19の建設用潤滑油市場への影響

建設用潤滑油業界は、パンデミックによって悪影響を受けました。パンデミックの発生により、ウイルスの拡散を抑えるための外出禁止令が各国で出されました。これにより、需要と供給のバランスが乱れ、同市場に影響を与えました。この影響で、産業、製造ユニット、インフラプロジェクト、鉱業などが停止しました。

建設用潤滑油の製造に使用される原材料の価格変動とパンデミックが、建設用潤滑油市場の成長を妨げています。企業は、近い将来状況が正常に戻り、市場が改善されることを期待しています。

牽引要因:冷凍食品や製薬業界の需要増

建設用潤滑油市場の主要な推進要因は、APAC(アジア太平洋)および中東・アフリカ地域における建設産業の成長です。APACでは、過去数年来、産業の大規模な成長が見られ、今後5年間もこの傾向が続くと予想されています。同地域では、建設、セメント、鉄鋼、エネルギー産業への複数の投資を誘致しています。中東における建設産業の高成長は、強い購買力と手頃な価格の住宅が不足している事が背景にあります。UAEでは、建設活動に力を入れているアブダビやドバイを中心に、今後も不動産取引が増加すると予想されます。カタールは、建設業界で最も急成長している国と考えられています。

抑制要因:技術の進歩による潤滑油の使用量の減少

建設業界では、ポータブルでコンパクトな機械が導入され、高い人気を得ています。ギアボックスや油圧機器のサイズが縮小され、ドレインインターバルが延長されたことにより、建設業界における潤滑油の消費量は減少しています。また、建設業界では、積極的な潤滑油の寿命延長、再潤滑間隔の最適化、パッケージの無駄の削減、潤滑油の使用を最小限に抑えるための漏れの削減など、新しいアイデアや技術を活用しています。 このような建設業界における技術の進歩は、潤滑油の需要を制限する要因になると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]