耐火ケーブルの市場規模、2026年に21億米ドル到達予測

耐火ケーブルの市場規模は、2021年の18億米ドルからCAGR3.3%で成長し、2026年には21億米ドルに達すると予測されています。同市場は、建築・建設、製造、エネルギー、自動車などの業界で耐火ケーブルの消費が増加していることから、今後大きな成長が見込まれています。さらに、防火に関する意識の高まり、工業化と都市化の急速な進展、各国政府による火災安全規制の実施などが、耐火ケーブルの消費を促進しています。

COVID-19が耐火ケーブル市場に与える影響

耐火ケーブル市場は、建設、製造、エネルギー産業を中心とした最終用途産業へのCOVID-19の影響により、2020年および2021年の第1四半期の需要が大幅に減少しています。耐火ケーブルメーカーは、2020年の、事業停止命令、社会的距離を置く規範、地方や州政府のオフィス活動の制限、建築・建設業界からの需要の減少により、マイナスの影響を受けました。

牽引要因:火災からの保護を目的とした高い需要

耐火ケーブルは、防火ケーブル、防火性能ケーブル、防火生存ケーブルなどと呼ばれ、燃焼や高温に対する高い耐性、柔軟性、低発煙性、低毒性、酸性ガス発生の抑制などの特徴があります。また、火災の際に回路の健全性を保つよう設計されており、高温耐性、低発煙性、腐食性ガスの低減などの特性は、人命を守るのに役立ちます。世界市場では、火災時の安全を守るため、様々な最終用途産業での導入が進められており、その成長が予測されています。

抑制要因:原材料価格の乱高下

耐火ケーブルの製造に必要な原材料やエネルギーの価格は変動しやすく、その価格変動は調達コストや運用コストなどのバリューチェーンに直接影響を与えます。また、急激なコストの上昇や下落は、メーカーの利益率にも影響を与えます。耐火ケーブルの製造に使用される主な原材料は、ゴム、銅、プラスチック、アルミニウムなどです。材料の製造や輸送に必要なエネルギーや原油のコストの変動は、原材料価格に同時に影響を与えます。不安定なエネルギーおよび原油コストは、原材料の価格上昇を招き、ひいては耐火ケーブルの材料費に反映します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]