透明バリアフィルムの市場規模、2026年に166億米ドル到達予測

透明バリアフィルムの市場規模は、2021年の124億米ドルからCAGR5.9 %で成長し、2026年には166億米ドルに達すると予測されています。市場の成長を牽引しているのは、透明バリアフィルム製品の使いやすさとカスタマイズ性です。透明バリアフィルムの最大市場はAPAC(アジア太平洋)地域です。

COVID-19による透明バリアフィルム市場への影響

COVID-19の封じ込めに関連する様々な措置の悪影響は、世界的なサプライチェーンの混乱、輸入製品やサービスに対する需要の低下、失業率の上昇などに及びました。金融市場ではリスク回避の動きが強まり、史上最低水準の金利や株式および商品価格の急落が見られ、消費者信頼感や企業信頼感も大きく低下しています。2020年の世界のGDPが2%〜4%減少すると予測されており、2021年から回復が期待されている世界経済も、米国、ドイツ、イタリアなど一部の国では時間がかかると予測されています。しかし、このように変化の激しい環境下におけるパンデミックが世界経済に与える影響の全容は完全に予測できず、その影響や回復期間は、国によって異なると思われます。

牽引要因:エンドユース産業での透明バリアフィルムの使用拡大

技術革新による製造プロセスの成長とプレイヤーの統合により医薬品が発明され、医薬品包装業界の成長を後押ししています。これにより、世界的に透明バリアフィルムの成長が加速しています。PVDCやEVOHなどの透明バリアフィルムは、主にパウチや瓶入り医薬品のラベルおよびプッシュスルーパックなどの医薬品を、光、湿気、酸素、生物学的汚染、機械的損傷、偽造などから保護するために使用されます。

抑制要因:原料価格の変動による影響

プラスチック樹脂は、ナフサ、天然ガス、モノエチレングリコール(MEG)、原油などを原料としています。ポリエチレン樹脂は、一般的には原油を原料としており、米国では主に天然ガスを原料とします。モノエチレングリコールは、ポリエチレンテレフタレート樹脂の主要な原料です。米国エネルギー情報局(EIA)によると、2020年の天然ガスの平均スポット価格は100万Btuあたり2.22米ドルで、2019年の100万Btuあたり2.82米ドルに比べて大幅に低下しています。

市場機会:新興国のパッケージ産業の成長

特にAPAC地域の経済成長は、都市化に向けてシフトしています。ライフスタイルの変化が包装食品の成長を支えています。新興国では産業の発展に力を入れており、欧州や米国などの先進国と比較して、その規制の柔軟性は高いと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]