植物工場の市場規模、2026年に1,725億米ドル到達予測

植物工場の市場規模は、2021年の1,218億米ドルからCAGR7.2%で成長し、2026年には1,725億米ドルに達すると予測されています。植物工場は、土壌がない場所でも作物を栽培することができるため、食糧安全保障への関心の高まりや、耕作地の減少に対応する代替手段となります。また、従来の農業技術に比べて収穫サイクルが長くなるため、高い収穫量が得られることも大きな要因です。さらに、人工的な熟成剤や農薬を使用しないため、栄養価の高い野菜を作ることができます。

COVID-19が植物工場市場に与える影響

COVID-19パンデミックの影響で、安全で品質が保証された食品への需要が高まっています。このパンデミックは、水・エネルギー・エコシステム・食品の各分野に複雑かつ広範な影響を与え続けています。植物工場は、農村部における農業従事者の雇用を可能にするものとして、食糧生産システムや、世界の貧困層の生活を支えており、節水型の持続可能な慣行への移行にも貢献しています。世界中の植物工場の企業は、パンデミックの困難な状況にもかかわらず機能を継続しました。しかし、財政上の制約、渡航制限によるサプライチェーンの中断、労働力不足など、事業の継続に影響を与える状況が複数発生しています。

推進要因:従来の農法に比べて高い収穫量

植物工場は、農家の資源消費量を減らすことができるため、家庭菜園からプロの生産者、スーパーやレストランまで、多くの関係者がこの農法を採用するようになりました。国連の報告書によると、水耕栽培システムで育てられた植物は、従来の農業システムに比べて20%~25%の高収量を達成し、その生産性は2~5倍にもなります。また、環境条件が制御されているため、システムの助けを借りて気候変動の影響を減らすことが可能で、年間の作物生産を維持することが出来ます。

抑制要因:高い設備投資

植物工場の設立には多額の投資が必要です。また、植物工場は大規模なものが多く、購入や維持にも費用がかかります。HVACシステム、ファン、換気、灌漑システム、制御システム、レール、照明など、さまざまな種類の機器が植物工場の主なコスト要因となります。完全に自動化されていない基本レベルのシステムでも、500平方フィートの植物工場で、平均11万米ドルの費用がかかります。より大きく、自動化された農場では、達成すべき自律機能のレベルに応じて、1,000平方フィートあたり50万〜80万米ドルを超えるコストがかかります。さらに、収穫量と生産性を向上させるために3~4年ごとに機器のアップグレードが必要となり、農場の経常費用に追加されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]