高圧洗浄機の市場規模、2026年に30億米ドル到達予測

高圧洗浄機の市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR4.2%で成長し、2026年には30億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、世界的な建設活動の活発化、洗車場の増加、商業用途での高圧洗浄機の需要拡大に起因しています。また、住宅用途での高圧洗浄機の採用が増加していることや、AIベースの高圧洗浄機の開発が、今後の市場機会を生み出すと予想されます。一方、代わりとなる洗浄方法の存在や、高圧洗浄機の使用に伴うリスクなどが、市場の成長を妨げており、さらに、廃水の処理や水質汚染に対する政府の規制、COVID-19パンデミックによるサプライチェーンの混乱が、高圧洗浄機市場の課題として挙げられています。

COVID-19の高圧洗浄機市場への影響

COVID-19パンデミックは、高圧洗浄機市場の産業用および商業用用途の成長に悪影響を及ぼしました。2020年には、多くの業界から高圧洗浄機の採用が減少しました。また、同年の第1四半期および第2四半期に世界各地で製造施設が閉鎖されたことも、市場成長率低下の原因となっています。市場規模がCOVID-19以前程度まで回復するのは2026年以降になる可能性があります。一方、家庭での高圧洗浄機の使用が増加していることから、今後の製品導入の増加が期待されます。

牽引要因:建設活動の増加が高圧洗浄機の導入につながる

各国政府は、インフラ整備のためのイニシアチブをとり、多額の投資を行っています。先進国、途上国を問わず、都市人口の増加、商業施設や住宅の建設プロジェクトの増加、工業化の進展などが、インフラ整備の要因となっています。建設現場の清掃には強力な専用ツールが必要なため、高圧洗浄機の需要が促進されると思われます。

抑制要因:代替となる洗浄方法の存在

高圧洗浄機の水の勢いは強力で、素材によっては過剰になる場合があります。木材やビニール材のサイディングなどの外壁は、水圧に耐えられず、劣化やひび割れが起こることが考えられます。また、高圧洗浄機により塗装がダメージを受け、剥離してしまうこともあります。このような理由から、エンドユーザーは特別な材質の洗浄に、高圧洗浄機以外の方法を好む傾向があります。エンドユーザーが好む代替方法としては、サンドブラストや泡洗浄が挙げられます。

市場機会:家庭用高圧洗浄機の普及拡大

一般的に、消費者は住宅には従来の洗浄方法を好む傾向があります。しかし、従来の方法では時間がかかり、多くのエネルギーを必要とします。高圧洗浄機は、顧客が、住宅のデッキ、建物のサイディング、庭、車道、パティオ用の家具などの洗浄をするのに好まれ、泥、汚れ、ほこり、とれかかった塗料を、簡単かつ効率的に除去することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]