グリーン水素の市場規模、2026年に43億7,300万米ドル到達予測

グリーン水素の市場規模は、2021年の4億4,400万米ドルからCAGR58.0%で成長し、2026年には43億7,300万米ドルに達すると予測されています。市場を牽引する要因には、再生可能エネルギーの生産コストの低下、電解技術の開発、FCEVや電力業界の高い需要などが挙げられます。2021年のグリーン水素市場では、モビリティ分野が金額ベースで52.3%のシェアを占めており、2026年にはCAGR 61.3%で25億3,510万米ドルに達すると予測されています。電力分野は、2番目に高いシェアを占めており、2021年の6,140万米ドルからCAGR 60.0%で成長し、2026年には6億3,350万米ドルに達すると予測されています

COVID-19がグリーン水素市場に与えた影響

COVID-19のロックダウンにより、グリーン水素市場では原材料の供給が滞り、プロジェクトが遅延しました。現在、グリーン水素市場はようやく商業化前のレベルに達し、地球の脱炭素化において重要な役割を果たす準備が出来ました。

牽引要因:モビリティ業界でのグリーン水素の使用増加

世界はゼロエミッションに向かって進んでおり、環境にやさしい移動手段へ舵を切っています。モビリティ業界では、水素を燃料電池や内燃機関で直接利用する車両を開発しています。また、水素を利用したフォークリフトはすでに開発されており、欧州、アジア太平洋、北米の産業で利用されています。これらの国では、2030年までに水素自動車の数を2倍以上に増やすことを計画しています。

抑制要因:初期コストの高さ

グリーン水素の製造にかかる初期費用は非常に高く、また、輸送や貯蔵のインフラが整っていないことがさらなる課題となっています。製造プラントの立ち上げに必要な固定費は目標の半分に過ぎず、グリーン水素の輸送は経済性と安全性の面での懸案事項です。グリーン水素のコストはグレー水素の約2〜3倍になります。

市場機会:政府によるグリーン水素エコシステム構築のための投資の増加

多くの先進国の政府がグリーン水素のインフラ整備に乗り出しています。これは主に欧州を中心とした流れで、アジア地域がこれに続いています。インフラの整備は、メーカーの活動範囲や生産能力拡大を促進し、グリーン水素の価格を下げることにつながります。グリーン水素を代替燃料として受け入れるエコシステムを構築するためには、各国の政府の関与が重要になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]