電動トラックの市場規模、2030年に141万3,694台到達予測

電動トラックの市場規模は、2021年の6万9,597台からCAGR39.7%で成長し、2030年には141万3,694台に達すると予測されています。電子商取引や物流の分野では、政府が排出ガスを出さない自動車に力を入れており、その政策が電動トラックの導入を促進すると考えられます。さらに、OEMメーカーにとっては、電気商用車業界での収益源と地域的存在感を示す機会になると考えられます。

北米は、物流用トラックの需要が高いことから、安定した成長が見込まれています。欧州は、物流分野での電動ピックアップトラックの導入率が高いことから、最も成長率の高い市場になると予測されています。公害や環境問題の増加、政府の厳しい規制や、競合との厳しい競争などの要因により、自動車メーカーは低燃費で環境に優しい自動車の製造を余儀なくされています。そのため、自動車メーカーや部品メーカーは、燃料効率や排出ガスの基準を満たすトラックを開発・設計する方法を模索しています。

COVID-19パンデミックは、電気トラック市場の成長を減速させました。パンデミック後の自動車販売台数の減少は、今後の自動車OEMにとって大きな懸念材料となるでしょう。業界の専門家によれば、2021年に自動車販売台数が回復する可能性は極めて低いと言われています。しかし、2022年には、電気トラック市場は回復し、その後大きく成長すると予想されます。

電気トラック市場の主なプレーヤーは、BYD(中国)、Daimler AG(ドイツ)、AB Volvo(スウェーデン)、PACCAR(米国)、Scania(スウェーデン)などです。これらの企業は、大手自動車メーカーや自律走行技術開発企業と長期的な供給契約を結んでいます。また、新製品の開発、買収、合意、協力、拡張、合弁事業、パートナーシップ、供給契約などの戦略を採用することで、電気トラック市場での牽引役を担っています。パートナーシップとコラボレーションは、主要企業が最も広く採用している戦略です。

COVID-19の電気トラック市場への影響

パンデミック発生当初はロックダウンにより自動車の販売台数が激減し、自動車市場は多大な損失を被りました。しかし、2020年後半には販売台数が増加し、ほとんどのケースで損失を減らすことができました。2020年と2021年には、世界中で自動車の電動化が進んだことにより、電気自動車の販売が増加し、この分野ではパンデミックの影響をあまり受けませんでした。電気トラックの需要も同様に、2020年前半は減少しましたが、その後は増加しています。電気自動車市場の中で新たに成長している分野である電気トラックの需要は、中国、米国、ドイツ、フランス、英国などの国々で、ここ数カ月の間に増加しています。Ford、GM、Volkswagen、Stellantis、BYD、Daimler AG、AB VolvoなどのトップOEM企業は、市場全体では損失を出したにもかかわらず、電気トラック部門はパンデミックの間も安定した成長率を維持しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]